まいんどちゃねる

就職に悩み、個で生きる方法を模索しブログに出会う。 最近は昆虫食、メンズスカートにはまってます。

カテゴリ: 健康

歯列矯正4

ぼくは2015年の春に歯列矯正を始めて、本日、ついに第一段階がおわり器具をはずすことになりました!!

第一段階とはぼくが勝手に命名しているだけなのですが(笑)、いちばんつけている期間が長い矯正器具になります。

歯列矯正2

これです。歯列矯正と聞いて最初にイメージするやつではないでしょうか?
これを3年間つけていました!

3年間、ひと時も外さずにいて、もうそのストレスったら半端じゃないんです。それがやっと今日おわりまして、解放感がすごい!!!やっほーーう!!

歯列矯正ってほんとうに不便なことしかなくて、特に、食事のときのストレスがいちばんすごかったです、、。
【関連記事】【歯列矯正を検討している人へ】費用は?期間は?痛いの?不便?


そんな歯列矯正の第一段階がおわり、第二段階にはいりました。第二段階は自分で取り外しできる簡素なワイヤーをつけるだけで、これまでのゴツいワイヤーに比べたらだいぶ楽になりました。

歯列強制3

こんなやつです。全然ゴツくない!しかも食事と歯磨きのときは外していいので、かなりストレスは低いといえます。つけるの上の歯だけですし。

これからは、これを2年間装着します。

5年間の歯列矯正

第一段階3年間、第二段階2年間、合計で5年間かかることになります。歯列矯正。

大金かかるし、時間もかかる。ストレスも非常に大きい。マイナスなことばかりの歯列矯正かもしれませんが、ほんとうにやって損はないと思っています。

歯並びが整ってる自分は自分じゃないような気がします。歯並びってそれくらい人の見た目を変えるし、自分のことをもっと好きになりました。


人と話すのが楽しくなりますし、笑顔も多くなります。ほんとに、QOL(クオリティオブライフ)が上がりに上がっています。生きているだけで楽しくなります。今後の人生が楽しみです!!

骨盤2

ぼくは最近、骨盤矯正に通い始めました。

というのも、初めから骨盤を矯正しようと思っていたわけではありません。

ぼく、両肩の位置が全然違うんですよ。たぶん長年、バッグを右肩でしか持たなかったのがよくなかった、。右肩だけ下がっています。

それを治したいと思って整骨院に行きましたら、なんと根本の原因は骨盤のゆがみということで、急きょ骨盤まで治すことになりました笑。


なんで骨盤のゆがみと肩の位置が関係あるの?とお思いでしょう。
それはどうやら、骨盤がねじれていることによって、上半身にまで影響がでてきているらしいです。

まあ考えてみれば当然のこと。土台がしっかりしていなければ上に乗っているものもバランスを失いますからね。


これから3,4か月、約7万円をかけて骨盤矯正に投資していきます。

骨盤のゆがみは諸悪の根源

実は骨盤のゆがみによって、生活の中にあらゆる悪影響がでていることが分かりました。


これらが改善されるならば7万円かける価値があると思い、通院することに決めました。


その悪影響とは、大きく次のことです。

・肩こり
・猫背
・手足の長さの違い
・睡眠障害
・背筋(はいきん)が固まる


などなど、。
自分の中で一番驚きだったのは、睡眠障害です。

睡眠障害

ここ最近、朝起きたときにいまいちスッキリしないと思っていました。

寝た時間に関係なくです。それがわりと深刻な悩みでもありました。


どうやらそれすら、骨盤のゆがみからくる姿勢の悪さが関係してるようです。


猫背なんかは、すぐに生活に悪影響がでてくるわけではありません。

しかし肩こりや睡眠障害など、生活の質を著しく落とすものは、すぐに治そうと決めました。


しかも、若いうちに治しておいた方が確実にメリットがあります。

長年にわたって体のゆがみやくせを蓄積してしまうと、治すのが容易ではなくなってくるからです。
なるべくなら、症状がではじめたときに治してしまうのが一番です。

体は一番の資本

骨盤矯正を含め、体の異常を治そうと思うのには、あるひとつの信念があるからです。


それは「体は一番の資本」ということです。


どんなにお金があっても、それを使う体が健康でなければ意味がないと思っています。

特に若いうちから健康に気をつける『くせ』をつけておくことが大事だと思っています。

当たり前ですが、若いという理由でかろうじて耐えられることは、若さを失ったらもう耐えられなくなるのです。
だから健康に関しては若さを武器にせず、将来にそなえておく必要性を感じます。


皆さんも、意外なことが骨盤のゆがみからきている不調かもしれません。
一度診てもらって損はないと思いますよ!

歯列矯正

僕は現在、歯列矯正をしております。
2015年の5月から始めたので、もうそろそろ3年経つことになります。

そこで、約3年間矯正器具をつけてきての悩みや感想を語っていきたいと思います。

僕自身、実際に始める前は不安がたくさんありました。もしいま歯列矯正をやるか悩んでいる方がいたら、この記事を読んで少しでも不安をなくしてもらえたら本望です!

歯列矯正の費用


トータルでいくら?

はい。実際のところ、ここが一番気になるのではいないでしょうか?トータルいくらかかるの?って話です。


もちろんどの歯科医院に行くかや始める年齢、コースなどで料金は変わってきますけれど、僕が通っているところで成人の方が通うことを前提に話していきたいと思います。

結論から言うと、ざっと100万円はかかると思ってください。


内訳は?

その内訳は、最初の検査や診断で5万円ほど、全体の施術料金で70万円ほどかかります。

さらに僕が通っているところは月に1度の診療が課されているのですが、毎回5千円かかります。歯列矯正はだいたい3年以上続きますので、5千円×36ヵ月としても18万円

これらを足しただけでも100万弱ですね。


他のコースは?

ちなみに、僕の場合、これでも一番安いコースで矯正をしております。というのは、歯の前側で、金属の矯正ワイヤーにて矯正をする場合です。これだと目立ってしまうんですよね、矯正器具が。

実は課金をすれば、矯正を目立たせないようにするコースも選べます。それは歯の裏側に矯正器具を装着する場合(裏側矯正)や、前側に白くて目立たない矯正器具を選択する場合です。

裏側矯正だと、追加で40~60万円くらいはかかります。白い器具ですと、5万円くらいの追加料金です。

ですので正確に言うと、歯列矯正にかかる費用は最低100万円と思ってもらえるといいですね。

これはあくまでも成人の方の場合です。子どものときにやればもっと安く抑えられます。ですので、なるべくなら小さいうちに済ませておくのが理想ですね。。

歯列矯正の期間

次に矯正器具をつけている期間の話です。これは元々の歯並びの状態などにも関わってきますが、3年以上は覚悟しておいた方がいいでしょう。


僕は矯正を始めてそろそろ3年と言いましたが、最近やっと仕上げ用の矯正ワイヤーをつけてもらったところです。

このままのペースなら、3年ちょっとで終わりそうな感じです。


一方、歯列矯正をしている友人の話を聞いていると、面倒くさがって歯科医に通うのをさぼると期間が延びるそうです笑。まあ当たり前っちゃ当たり前なんですが、。

早く終わらせたいならさぼらずにちゃんと通いましょう!

歯列矯正の痛さ

これも超大事ですね。僕も始める前は心配でした。


結論から言うと、ワイヤーを付け替えてから数日は痛いです。

僕のところはワイヤーの付け替えは月に1度おこなわれるので、月1で数日間痛い思いをしなければなりません。

まあ痛いと言っても激痛というわけではないので、眠れないほどではありませんしご飯も普通に食べられます。(硬いものや大きいものはちょっとキツい)


でも、矯正が進んでいくと痛みは和らいでいってる気がします。最初の1年とかですかねえ特に痛いのは、。

僕なんかは痛みがきたときは「あ、歯が動いてくれてるのかなあ」なんて思ったりして逆に嬉しいですが笑。

歯列矯正で不便なこと

実際に歯列矯正をしている人にしか分からない不便なこと、、あります。

①食べ物がめっちゃ間に詰まる
②隙間が磨きづらいので歯石が残る
③口内炎ができる

この3つです。

①が一番不快です。食事をするたびにすごく気になります。ですので僕は歯ブラシや爪楊枝を持ち歩くようにしています。

②に関して、歯磨きは電動歯ブラシが必須になります。電動だと、先が細いブラシを使って磨けるからです。それでも磨ききれない部分は諦めています、。

③もつらい。口の中に金属を入れているわけですから、それが頬の裏に当たり続けることで口内炎が絶えません。矯正を始めた最初のうちは特にできてたかなあ。

これらのことは、慣れるとうまく付き合っていけるようになりますね。器具自体も最初は違和感ありましたが、じきに体と一体化します笑。

まとめ:歯列矯正めっちゃおすすめ!

ここまでマイナスなこともたくさん書いてきましたが、結論。歯列矯正はほんとにおすすめです!あらゆるデメリットを凌駕するくらい幸福度が高いです。


よく「芸能人は歯が命」なんて言いますが、一般人である私たちにとっても歯は超大事です。歯並びが良いだけで生活の質は格段に上がると思っています。僕は人前で笑うことが増えました。

そういった見た目の問題はもちろんのこと、歯並びが悪いと歯磨きが困難になり、虫歯や歯周病の原因となったりします。
これらは将来的に抜歯や入れ歯に陥るリスクがありますので、歯列矯正をお考えなら早いうちにやることをおすすめします。

将来、入れ歯等で歯科医のお世話にならなければいけないなら、今のうちにお世話になった方が良いです。人生100年時代、ずっと健康な歯で生きたいものです!


あ、改めて言っときますが、今回の説明の中で出てきた料金やコース、期間などは、あくまでぼくが通っている歯科医においての、ぼくの場合です。
歯科医によっても人によっても個人差はあるので、一つの参考程度にしてもらえると幸いです!では!

↑このページのトップヘ