まいんどちゃねる

就職に悩み、個で生きる方法を模索しブログに出会う。 最近は昆虫食、メンズスカートにはまってます。

カテゴリ: 書評

諦める力

為末大さんの『諦める力~勝てないのは努力が足りないからじゃない』の書評です。これはいい本です。。しかも現在、Amazonでは値下げされています!


諦めるって一般的にネガティブな言葉と思われがちですが、ここではポジティブな意味で「諦める」ことを勧めています。それはどういうことなのか?ひとことで言うならば、

自分の強みを見極め、もっとも勝てる確率が高い領域で戦え。そのためには、苦手なものや向いてないものを”明らかにして”、”諦める”べきだ。

つまり「諦める」とは「明らかにする」という言葉と同義であるというのです。諦めることは、ものごとから逃げているのではなく、自分のおかれている状況や能力をよく理解し、自分がいちばん活躍できる場所をさがすという立派な”戦略”なのです。

たいして努力せずとも勝てることを探せ

自分の強みを見極めて勝てる領域を探すことは、戦略として非常にすぐれています。なぜなら、苦手なことをいくら努力しても、得意な人には勝てないからです。

同じ努力量なら、もともと得意な人が勝つことは当然です。自分の得意なことなら、少しの努力でどんどん上達していきますから。


人間には誰しも、得意不得意があります。不得意なことを頑張って人並みにするよりも、得意なことを伸ばしていった方が圧倒的に高みを目指せます。

目的を見据え、手段は変えていけ

自分の強みを発揮する際に大切になることは、「目的を見据えて、手段は変えていけ」ということです。つまり、目的は変えてはいけないけど、手段はこだわることなかれ、ということです。


これに関し、この本の中ででてきた為末さんの例をあげていきます。

為末さんは陸上選手として、はじめは100m走を専門として競技していました。しかし100mは、陸上競技の中でも花形であり競技人口が多く、もっとも勝ちにくい種目でもあります。

そこで為末さんは自分に問いかけました。「自分の最大の目的は100mを走ることではなくて勝つことだ。だったら熾烈な100mにこだわらず、もっと勝ちやすい競技に移ったほうがいいのではないか?」

そして為末さんは400m走に競技を変更し、そこで活躍することになるのです。


「勝利」という最大の目的を見据えたからこそ、「100m」という手段を諦めることができたのです。


このように、自分の特性を知り、勝ちどころを明らかにして、勝てないものをスパッと諦めることが戦略として必要なのです。

他人の評価を基準にするな

日本人はとかく、他者の評価に振り回されがちだと為末さんは言います。ランキングで一位になることや、なにかの賞に選ばれることなど。

でも、人からの評価なんてすぐに移ろいゆくものなのです。そのような「他人由来の幸福」ばかりを求めていても人生を消耗するだけです。


大事なのは「自分なりの軸をもつこと」だと言います。社会の評価など関係なく、もっとも優先すべきは「自分の感覚」であり「自分なりの幸福」です。


他人のルールに染まらずに、自分のルールをつくってしまう。自分だけのランキングで生きていく。必ずしも競争がいいわけではなく、なるべく人が手をつけていない領域で戦うことが、勝負の鉄則です。

まとめ

まとめます。

「苦手なことや向いてないと感じることは切り捨てて、自分が得意で、少しの努力でいちばんになれることを探す。そのために大きな目的は見失わず、手段はどんどん変えていく。そこに他人の評価は関係なく、自分の感覚を優先しろ。」

ということです。

多様な生き方が認められてきて、さまざまなものが容易に手に入る現代だからこそ、自分のやりたいことや得意なことを見極めて、伸ばしていくことが求められます。

どうか「諦める」ということをもっと気軽に、前向きにとらえていきましょう。




by カエレバ

書評『お金』

最近話題になっている本を読みました。

『お金2.0-新しい経済のルールと生き方-』です。著者は株式会社メタップス社の代表取締役社長である佐藤航陽さん。

この方は前著『未来に先回りする思考法』も読んだことがありますが、このタイトルの通り、未来を見据える視野の広さ、感度の高さがすごいです。できればどちらも読んでほしいです。

では、『お金2.0』の話をば。


価値主義が台頭する世界

この本の中でぼくが大事だと思った点を要約しました。それは、


「これからの時代は、今まで焦点が当てられてこなかった内面的な価値が、お金といった有形の資産よりも大切になり、これを提供できる人が成功をつかむ。そのためには個性や独自性といったものを全面に出し熱狂的なファンをつけ、自分だけの経済圏をつくっていくことが必要」

といったところです。これらのことをひっくるめて筆者は『価値主義』と呼んでいます。



これからの時代に大切になる内面的な価値とは、「共感・熱狂・信頼・好意・感謝」といったものたちのことです。下手にお金を稼ぐよりも、これらのものの方が大切になってくるのです。

これらの資産は、いつでも金銭的価値に変換することができます。
たとえばTwitterでのフォロワーを10万もつ人は、何か新しいことを始めたいと思ったときに、フォロワーの人たちに呼びかければ協力してもらえることでしょう。

これが新しい時代で重宝される内面的な、無形の価値です。

佐藤さんは分かりやすくこうまとめています。

これからは価値という観点から、自分なりの独自の枠組みを作れるかどうかの競争になります。枠組みの中の競争ではなく、枠組みそのものを作る競争です。そのためには自分の興味や情熱と向き合い、自らの価値に気づき、それを育てていく。そしてその価値を軸に自分なりの経済圏を作っていく。

ますます、自分の好きなことを見つけてそれを発信していくことの重要性が分かります。やらされる仕事ではなく、自分のやりたいことをする。

他の人では代替できない、自分だからできること、おもしろいことをやっていきましょう。


自分の価値はどこにある?

自分の価値はどこにあるのか。これを見つけるのは簡単ではないでしょう。

会社に雇われる生き方はだめなのか、自らなにかを起こしていかなければいけないのか、と。

これに関し、ちきりんさんが興味深いことを言っています。

つまり、自分の一番の価値を探したときに、「所属する組織における肩書」である人は無理にそれを捨てる必要はないということです。

これは一つの考え方としてはありなのかなと思います。どうせ所属する組織なら、その名前や看板を存分に使って自分を売り出すべきでしょう。

しかしここで気をつけなきゃいけないのは、「それに安住していると、いつかその組織の名前が使えなくなったときにお先真っ暗」ということです。

それが企業の倒産なのかリストラなのか分かりませんが、いずれやってくる可能性はあります。それなのに組織にしがみつくのはリスクがあまりにも大きいです。


よって、企業などに属していながらも自己発信をしていくことが求められます。ツイッターであれ、ブログであれ。そこで得たファンは、大きな資産になるからです。


自分にしかできないこと

この本を読んで、自分にしかできないことを考え始めました。自分がオリジナリティを発揮できるところはどこにあるのか。


ぼくは最近、昆虫食やメンズスカートに興味があります。これは一見オリジナリティはありますね。あんまりやっている人はいないですから。

でも、ぼくにしかできないかと言うとそうでもありません。やろうと思えば誰でもできることです。


ゆえに、ぼくがやっていることの付加価値をつけていく必要があると感じました。言い換えれば、どこで差別化をはかるかということです。

まさに、ブログをやっているというのは一つの差別要因になるかと思います。ここでの継続的な発信はいつか必ず実を結びます。

あとは学生がやっているというのも一つでしょう。若さは大きな武器になりますから笑。


このように、大事なのは、まず自分の価値や長所を冷静的に知ることからです。それに加え継続的な発信は前提となり、そこからいかに自分だけの経済圏を作れるか。

ともに、価値主義の時代を生き抜きましょう。





by カエレバ

ボーイスカート

読みました。鳥野しのさんの『ボーイ☆スカート』という漫画。 

タイトルの通り、スカートを履きたい男子高校生が主人公の作品です。

読後、最初に思ったことは、「この主人公の気持ちめっちゃ分かるわ!!」でした。ほんと、ぼくの気持ちを代弁してくれたんじゃないかってくらい一致していました。

フィクションとはいえ、ぼくと同じことを思っている人はいるんだなと少し勇気をもらいました。話もすごい面白かったです。

では、その感想をば。


スカートを履いて登校する桃井くん

ある日突然、スカートを履いて学校に来るんですよ。主人公の桃井くんが。(そこそこイケメン)

クラス中ざわつき、校則違反として先生に呼び出される始末。そしてスカートは一時的に没収。

これはひどいですよね!ちゃんと学校で指定された制服のスカートを履いてきているのにですよ?本来なら男女ともに選べるべきですよね、制服なんて。

で、学校中で話題になってしまい、ついにはスカートが原因で、付き合っていた先輩にもフラれてしまうという事態に。

これは、どうなんですかね、。彼氏がスカートを履きだしたら隣歩けないですか?別れますか?ぼくも他人ごとではないので、すごく気になります。ご意見があればお聞かせいただきたいです。


理由をつけて理解しようとする父やクラスメイト

この行動に関して一番驚きを見せたのは桃井くんの父親でした。

「いじめられてるんじゃないのか」「性同一性障害じゃないのか」などとスカートを履くことに対して、桃井くん自身に理由をつけようとします。

それはクラスメイトも同じでした。

「これはデリケートな問題だから触れちゃいけない」「説明してくれなきゃ理解できない」


人って、異端な行動に出た人に対してなにかの理由をつけなきゃ納得がいかないんでしょうね。なにか明確な理由があるはずだと決めつけている。家庭環境だったり、幼少期のことだったり。

でも実際、そんなに割り切れる感情ばかりではないのが人間だと思います。ぼくだってスカートを履きますが、それはただ「格好いいから」の一点です。

理解しようとしてくれるのはありがたいことですが、全てを理解できると思わない方がよいと思います。


服は暴力

実は、もともと桃井くんがスカートを履くようになってきっかけって、街中でスカートを履きこなしているおじさんを見かけたからなんですね。

で、なんやかんやあって、桃井くんはついに、そのおじさんと接触することに成功しました。

そこで相談をします。
「スカートを履くことで人との関係がうまくいかなくなっている。でも自分はスカートを履きたい」と。

するとおじさんはこんなことを言います。
確かに。服というものは一種の暴力だからだ。ある種の人々にとってはね

つまり、少なくとも一定数の人は、他人の服装によって嫌な気持ちを抱いたり、殴られたような気がする人がいるということです。


ぼくは、この考え方に初めて出会いました。

自分がスカートを履きたい、別に男女の壁なんてないと思っている一方で、その壁が破られることに恐怖や憎悪を抱く人がいるということ。

もちろん、どちらが間違っているというわけでもなければ、どちらが正解というわけでもありません。人がなにを思ってなにを着るかは、自由だからです。

ただ、こういう気持ちの人がいるということを心に留めておくことは大事だと思います。


世の中の価値観

漫画の方はもっと続きがあるのですが、ネタバレにもなりますのでこの辺で。

この漫画を通して、改めて、男がスカートを履くことに対する世の中の人の見方を知ることができました。ぼくなんか当たり前になってしまってますが、やはり固定観念は強いもの。

そして同時に、服がもつ影響力を実感。毎日当たり前に身にまとうものだからこそ、そこには特別な意味があるんですね。


メンズスカートに対して批判的な意見も全然ありだと思うし、絶対に許せない人がいるのも当然だと思います。

でも、少し視点を変えると、人生がもっと楽しくなるかもしれません。




by カエレバ

日本再興戦略

最近は落合陽一さんの著書をよく読みます。
落合さんは専門用語もちゃんと解説してくれて、素人でもすごく読みやすい本が多いのが印象です。 

今回は今年の1月に出されたばかりの新著、『日本再興戦略』です。

タイトル通り、これからの日本がどのようにすれば世界で再び活躍できるようになるのか、そのために日本人がとるべき行動はなんなのか、ということが示されています。

いつものように、ぼくが気になったところをピックアップして取り上げます。

複数のコミュニティに属し、流動的に行き来しろ

これが、この本でぼくが感じた要点です。

なぜコミュニティに属することが重要なのか。それは、本来的に日本人は、個人でイノベーションを起こすよりも集団で起こすことの方が性に合っているからです。


そもそも日本人には、欧州から始まった考えである「個人で生きる」という価値観が合っていないと言います。
それよりも日本人には、東洋的な思想が合っています。東洋的思想とは、同質性や均一性に重きをおいて、人間の生活と自然との共存を目指すような価値観のことを示します。

人間の生活と自然との共感とは言い換えれば、普段の生活と仕事の区別がない状態を指します。生活と仕事のバランスをとる『ワークライフバランス』ではなく、生活の一部として仕事をする『ワークアズライフ』という価値観です。


そして、コミュニティを複数もつべき理由は、あるコミュニティにいづらくなったときに、いつでも抜けて他のコミュニティに移れるようにするためです。いわばリスクヘッジと言えるでしょう。


また、今の時代はインターネットもあるので、必ずしも物理的なコミュニティとは限りません。ネット上のコミュニティに属することも可能なので、流動的に行き来しやすい時代なのです。

オープンなコミュニティをたくさん作り、誰もが自由に行き来できることが今の日本には肝要だと落合さんは言います。

帰属意識と参加意識、自分の選択が意味を持っている実感を、それぞれの人が感じ、相互に依存することから、日本再興は始まっていくのです。


大企業も流動性を高く

また落合さんは、大きい企業であっても流動性を高くし、人材の囲い込みなどはすべきではないと言います。

そこで大事なことは、ベンチャー企業とのコラボレーションと、兼業の解禁です。

大企業vsベンチャー企業という構図ではなく、お互いが協力してそれぞれの良いところを活かしあってイノベーションを起こしていこうということです。これはオープンイノベーションと呼ばれます。


そのために大企業は、兼業の解禁と、解雇の緩和を推進すべきだと言います。
そして大企業⇔ベンチャーの行き来を当たり前のものとするのです。

そのように、仕事のポートフォリオマネジメントと呼ばれる、さまざまな企業を渡り歩くような働き方をしていくことが、ワークアズライフには大切な心構えとなります。

特定のコミュニティに依存しない

ぼく自身も、ある特定のコミュニティに依存して所属することの危うさは感じております。

なぜ危ういのか、それは、そこが潰れたり嫌になったときにどこにも行けなくなってしまうからです。


これは特に学校教育で感じております。


小学校や中学校というのはものすごく閉鎖的なコミュニティです。しかも多くの場合は学校が世界の全てで、そこからはみ出すことイコール居場所がなくなってしまうことを意味します。
それが不登校や引きこもりにつながります。

だからぼくは、小学校や中学校に行くことだけが子どもの全てではないと思っていますし、他のコミュニティという選択肢を増やすべきだと感じます。勉強は塾や家庭教師でも事足りますし。

そうすることで、学校という狭く画一的な場所になじめなかった子も生きる道が生まれます。


学校や企業など、どの世代にも言えることですが、一つのコミュニティで自らの価値を高めていく時代は終わりました。これからは、複数のコミュニティにまたがってフレキシブルにふるまえる人が活躍する時代であると言えます。





by カエレバ

女装して

個人的名著! 


タイトルだけ見るとふざけた感じがしますが、内容はすごく真面目で、最後は思わず感動してしまう場面もありました。

どういう内容かというと、まさにタイトルのままです笑。ある男性が一年間、女装をして生活するという「実験」を描いたもの。全て実話です!

その目的はなんなのかというと、
『男の中に潜む女』について、自分の身をもって体感してみようという動機のもと、「男と女の壁を理解して、乗り越えられるのではないか」ということを確かめようと思ったのです。

僕は、今のままの自分であることに、違和感をもちはじめていた。男であるという事実がささいなことのように思えてきた。世の男たちは"男らしさ"を演出しようと苦心するが、昔から僕はそういったことにあまり関心がない。もしかすると、女性の方が生活をより楽しめるのではないだろうか?



ぼく自身は女装をしているつもりはありませんが、スカートを履いて生活しているという点でこの人にかなり共感する部分がありました。

「『男らしさ』とか『女らしさ』といったものをぶち壊し、もっと自由に、自分を表現していきたい」というのがぼくの心情なので、近しいものがあることは分かっていただけると思います。


男らしさ女らしさ

また筆者は、性別による役割の分け方に違和感を抱いています。

考えれば考えるほど、”男の役割”が人工的で不自然なものに感じられる。能力、成績、評価。そうした言葉が、僕も含め男たちを縛りつけている。女性はそうしたものから解放された存在なのではないだろうか?


ぼくもほんとにその通りだと思っていて、男だからこうしろとか、女だからあれはするなとか、そんなもの誰が決めたのでしょうか?

社会での男女の役割なんて凝り固まった偏見の産物です。


女装は社会に対する革命だ

筆者は、決して趣味で女装をしているわけではないのです。

自分が女装をすることは、社会に対する革命であると述べています。

男とはこうあらねばならない、女はこうふるまうものだ、などといった堅苦しい偏見に抵抗するための手段として、僕は女性に変身することを思いついた。性別という壁に対する個人的な抵抗運動だ。革命と言っても過言ではない。

筆者にとっては、女性の気持ちに一番近づくためには「女装」という手段が最も手っ取り早く、目に見えてわかりやすかったのです。


また筆者は、女装をすることを「タブーを破る」という言葉で言い表しています。

たしかに、男性が女性ものの服を着ることは踏み出してはいけない一歩のような気がします。だからこそ、そこを踏み越えることに意味があるのですが笑。


性別なんてものはない、あるのは性だけだ

一年かけて女装を経験した筆者ザイデルさんは、最終的にある一つの思想にたどり着きます。それは

「性別というバカげた分け隔ては必要ないのではないか?そこにあるのは”性”だけで、男も女も本来は同じものであり、生きている環境が違うだけなのではないか?」

ということです。


そもそも、男女という分け隔てが不要。性”別”なんて言葉を使うからよくない、ということです。

自ら女装し、女性の気持ちになって確かめたザイデルさんだからこそ言えるセリフですね。


性別は関係ない。自分をもて

性別なんてたいした問題ではなくて、いくらでも超越できるものだと思います。

男性が女性の服を着てもいいし、化粧をしたっていいんです。そんな些細なことに構わず、自分というものをもちましょう。

まあ、全員が全員、女性ものの服を着る必要はないですし、そんなことは不可能です。

しかし、男とか女とか狭い視野でしかものごとを見られない社会はあまりにも生きづらいです。もっと自分をオープンにできて、誰もが社会に縛られないような世の中にしていきたいです。




by カエレバ

↑このページのトップヘ