まいんどちゃねる

就職に悩み、個で生きる方法を模索しブログに出会う。 最近は昆虫食、メンズスカートにはまってます。

カテゴリ: 就活・働き方

スカートスーツ

どうも、みねちゃんです。
ぼくは大学3年生なので、どうやら就活というものが始まる時期にさしかかっているらしいです。

就活は基本的にスーツでやることが多いと思いますが、スーツって、つまんなくね??

まずなにより、かた苦しい。そして動きづらい。夏は暑い。飽きる。etc...

本当は私服で就活したいし、それでいいんじゃないかと思っていますが、それが許されない会社が多いのが今の日本。
だからぼくは、スーツであっても自分の好きな格好をするために、あることを思いつきました。

それは、スカートスーツで就活をすることです。

スカートスーツで就活

よく考えたら、スーツだって男性がスカートを履いてはいけない理由なんてありません。ぼくの中で勝手に、「スカートは私服だけ」という制約をつくってしまっていました。

スーツに関してもやはり、女性はパンツとスカートを選べます。(就活生はスカートが多いらしいですが、。)

男性だってズボンかスカートかを選ぶ権利はあるはずなので、ぼくはスカートを選ぶ。それだけの話です。

スーツという制約

そもそも、就活はスーツで、っていうのがよく分からんです。

さらには、スーツの中でも黒無地でとか、ネクタイは地味色でとか。女性だったらスカートの丈はこんくらいとか、髪の毛はどうこうとか。

制約多いし、無駄なの多くね!!??

なんでこれが当然のルールみたいになっているんですかね。

就活生全員を同じ服装にして、中身や能力で判断できるようにするとかそんな理由でスーツ統一なんですかね??

でもぼくは、服装や外見だって立派な個性だと思いますし、重要な判断材料、判断基準になると思います。だから服装を画一的にして縛りつけるのは違うんじゃないかなあと感じています。


百歩譲ってスーツ縛りであっても、せめてネクタイくらいは色とりどりでいいでしょう。

ということで、ぼくはネクタイも自分の好きな色、柄のものをつけていきます。自分の好きなものを身につけた方が気分も上がって仕事のやる気も出ると思うのです、、。

ルールを破るということ

世の中には、よく分からないルールというものがけっこうあります。ゆえに「ルールだから」という理由で無思考に従うべきではありません。

自分がおかしいと思うのなら、そのルールに抗っていきましょう。

ルールは絶対的なものではなく、時代に合わせてアップデートしていくべきものです。それなのに、明らかに旧時代的なものが残っていることがあります。


ぼくはその一つである「就活は地味なスーツで」「スカートは女性のもの」というものに少しでも抵抗するために、スカートスーツを履いて就活したいと思います。スーツは着ることになるんですけどね笑。

自己満足でくだらないかもしれないですが、自分が納得できないことを甘んじて受け入れるつもりはありません。抵抗していきます。

やどかり

こんにちは。実家暮らしで大学生をやっているみねちゃんです。


この状況から分かる通り、そうなんですよ、 めちゃめちゃぬるま湯に浸かった生活を送っているんですよ。

だから早くこの生活から抜け出したい。環境を変えたい。

てことで、ひとまず一人暮らしを始めたいと思っています。

でも、そんなお金は無い!!!


親に頼るのは嫌。それではぬるま湯となんら変わりはない。

てことで、家賃その他の金銭面のことは、一人暮らしを始めてから考えようかと思ったこともあります。

追い込まれれば何とかなるんじゃないか!どうにかして稼げるんじゃないか!という背水の陣的なやつです笑。


でもやはり、ある程度は準備してから始めなければ不安なまま生活をすることになる。その方が嫌だ。

だからぼくは、バイト以外でコンスタントに稼ぐ方法を探すことにしました。それも短期間に。
これである程度稼げることが分かったら一人暮らしを始めます。

副業で稼ぐ

バイト以外で収入源をつくる。いわゆる副業というやつです。

これはうまくすると、一生使えるノウハウを得られるかもしれないという期待もあったりします。一時的な収入源で終わらせずにね。

いま考えている、可能性があると思う収入源を挙げていきます。

①このブログによる収益
②メルカリなどでの収益
③仮想通貨による収益
④起業
⑤友人から調達


あたりです!

ブログによる収益

まず一つ目。このブログを収益化するという方法です。

手法としては、アドセンス広告やアフィリエイトによって収益を上げていくという方法が一般的かと思います。

しかしこれは、それなりのアクセス数を必要とします。
つまり、一朝一夕ではできません。それなりの期間をかけて、記事を増やし続ける必要があるからです。

ブログ収益は将来的には有望な収入源ですが、今すぐというのは難しいものがあります。


メルカリなどによる収益

メルカリのようなフリマアプリでものを売って収入源とする方法です。

幸い、ぼくはかなりの回数をメルカリで取引していますので、売買のノウハウは知っています。

これは明日からでもすぐに収益化することができるということで、かなりアリだと思っています。
服が好きなので古着でも売って家賃を稼ぐことも夢ではありません。

あ、あとはAmazon転売もやりたいですね~。


仮想通貨による収益

最近ますます話題になってきた仮想通貨です。

これもすでに手を出していますが、正直に言って短期的に収益を望むのはかなり難しいです。

そもそも2~3年という長期的な目線で買っているので、今すぐに稼ぐ、というのは厳しいでしょう、。もちろん上手い人は、短期トレードで稼ぐことも可能なんでしょうが。


起業

したいです!起業。

でもこれもやはり短期的な収益には向いてないです。

構想を練って、起業して、軌道に乗るまでどれだけかかるか分かりませんから。
そもそも成功する保証もない。

在学中にはしたいんですけどね。

短期で稼ぐということ

と、ここまでいろんな稼ぎ方を見てきました。

とりあえずは初心者でもやりやすいメルカリ収益を拡充させていきたいと思います。

同時に将来を見据えてブログや仮想通貨もしっかりやっていきます。


短期でたくさん稼ぐよい方法なんてめったにありません。
ほんと、詐欺くらいのものですよ。

でも今回ばかりは思考停止させずに、短期収入を探していきます。
月に1万稼げる副業を5つやれば5万。いずれは、そういう収入の作り方が理想です!

時給2

どうも。みねちゃんです。

ぼくは最近、メルカリやブログでちょっとしたお金を稼ぐことができています。(本当にちょっとだけ)

ちなみに高校時代は、ポイントアプリ等を使って月に2~3000円のお金を稼いでいました。高校時代はバイトをしていなかったので、けっこうありがたい収入源でした。。


これらはいわゆる不労所得であり、時間給から脱した稼ぎです。

ぼくはこういう稼ぎ方があることを、学生時代、そして就職前に知ることができて本当によかったと思っています。

なぜなら、「嫌なら働かなければいい」というマインドを持つことができたからです。



今までは、バイトや就職をすることが当たり前のように感じていましたが、決してそんなことはないということです。

いわゆる労働をしなくても稼ぐことは可能で、ブログなどはうまくいけば「やればやるほど楽になる」働き方であると言えます。

また、最近は仮想通貨の高騰により『億り人』などと呼ばれる人も出てきております。字のごとく、億単位のお金を手に入れた人のことです。

そう、全く働かずに大金を手に入れている人が大量に発生しているのです。もはや働く意味ってなんなんでしょうか。お金のために働くことがいかにナンセンスかを思い知らされます。

労働以外の稼ぎ方

労働以外のお金の稼ぎ方を知らなければ、無理にでも会社に入って毎日のように必死で働いていたことでしょう。


言わずもがな、組織に属さず一人でお金を稼ぐというのは大変なことです。それだけで食っていける人というのは、それ相応の努力や運を必要とします。


しかし、そういう方法があることを知っているのと知らないのでは大違い。

そっちの道でやっていけるかもしれないという意識があれば、会社へのしがらみというのは少なくなるかと思います。会社などに属しながら、同時並行的に個人で稼ぐ術を身につけることも可能ですし。

大事なのは、ある一つの稼ぎ方、稼ぎ口に依存しないことだと思います。


リスクヘッジのためにも、複数の収入源を持っておくことを意識していきたいものです。

学生であることは得

また、学生であるということも一つの大事な要素になるかと思います。


学生であるというだけで、注目度が上がることがあるからです。

学校という名の看板を借りて活動をすることで、飛躍的に拡散力が上がることもあります。

しかし、組織の知名度や権威に頼ってしまっているので、そればっかりになってはいけませんが、。組織の名前を借りつつも、個人の名前を売っていくことはとても重要です。


まとめると、ぼくはいろんな意味を込めて、学生時代に多様な稼ぎ方、生き方があることを知れて良かったです。主にそれは組織に頼らない稼ぎ方であり、今後はより一層重要になる考え方だと思います!

無題

こんにちは、みねちゃんです。

今日は、「これからの時代は生産する側に回らなきゃヤバい」
という話をしたいと思います。

今後、生きていく上で必須の心がけだと思いますね

消費から生産へ

これまでの世の中では、とにかく消費することが求められそれができる人も一部に限られていました。

しかし今では、誰もが容易にものを消費できるようになり、その欲望はとどまるところを知りません。

ゆえに、消費中心の生活をしていては、いつまでたっても、楽になることができないのです。消費には際限がありませんし、すればするほど大きくなっていきます。
また、自ずと資産や時間を奪われることになります。


これからは、消費行動だけしていては立場が危うくなるので
ものやコンテンツを生産する側にまわることが求められます。


遊びを生み出そう

では生産って具体的に何をすればいいの?という話ですが、それは簡単です。

遊びを生み出せばいいのです。


自分の興味のあることや好きなものに関して、ちょっとしたイベントを開いたりコミュニティを作る。
内輪の小さなものでも構わないので、自分が幹事となることが大切です。


例えば、僕はいま昆虫食にはまっているのですが、他大学の人を募り、一緒に虫を捕って食べるというイベントを開きました。
そのうち、一般の人にも対象を広げたいとも思っています。

あと、小学校などにいませんでしたか?クラス内で遊びを提案してはやらせる人。
ああいう感じで、自分が主体となって皆を巻き込むような遊びを作ることが求められます。

そうすることで、あなたの周りにはいつしか人が集まってくるでしょう。


遊びによってなにかしらの価値を生み出すのです。価値を生み出せる人はどこへ行っても重宝されるでしょう。

遊びというのは=好きなことと言い換えていいでしょう。自分がお金を払ってでもしたいこと。それをきわめて仕事にしてしまいます。

人工知能に負けない

世界では今後、人工知能がみるみるうちに発達します。

そんな中で仕事を奪われないようにするには、遊びの力が重要だと感じます。

なぜなら、創造性や即興性のある遊びは、人工知能には代替されないからです。


遊びはいつか仕事にできるのです。
そういう世界になっていきます。

単純な労働や論理的な行動はロボットの方が得意ですから、非効率と思えるくらいの遊びこそ、人間が秀でる部分です。


ブログでも遊ぶ

僕はブログという遊びで記事、情報を生み出し、これで生きていけるくらいまでを目指します。


ブログはまさに、遊んでいるとしか思えないようなアホみたいで面白い記事が溢れていますが、あれで食っていってる人だっているんですよね。

要は、人に価値をもたらしていればそれは仕事になるんです。

アホみたいなブログだって、人に笑いという価値をもたらしているから。立派な仕事です。僕も大好きですその手の記事。

遊んで、それを発信して、人に価値を与えていきたいと思います。

↑このページのトップヘ