アンカー

スマートフォンを使う人なら誰もが一度は思ったことがあるのではないでしょうか?
「充電器とモバイルバッテリーが一緒になったら便利なのに!」と。 

そんな便利なものないか、、と思っていたんですが、いろいろ探したところ、なんと、ありました。

それは、ANKERという会社が販売している『PowerCore Fusion 5000』という製品です。


これがほんとうに便利で、ぼくは毎日持ち歩いています。おすすめです!

AnkerのPowerCore

FullSizeRender
箱をあけるとこんな感じで入っています。
左が本体で、右が付属品入れになっています。

FullSizeRender
本体と付属ケーブル、そして巾着袋です。

FullSizeRender
本体はほぼ7cmの正方形です。
まあ持ち運びにはちょうどいいですね。

FullSizeRender
幅は3cmくらいあり、ちょっと厚いかな、という印象です。

ご覧のように、スマホを2台同時に充電することもできることも長所です。

商品詳細

サイズ:約7.2cm ✖ 7.0cm ✖ 3.1cm
重さ:約189g
充電力:iPhoneの場合、1~2回分のフル充電
カラー:白と黒の2種類
その他:18ヵ月保証、カスタマーサポートあり

使い方

次に使い方を説明させていただきます!説明する必要がないほど簡単ですが笑。

充電器として

FullSizeRender
こちらは充電器として使っているようすです。
上にあえて普通のUSB充電器をさしておきました。大きさの比較にどうぞ。

モバイルバッテリーとして

FullSizeRender
そしてこちらがモバイルバッテリーとして使っているようすです。

FullSizeRender
また、このモバイルバッテリー自体の充電をしたい場合は、このように直接電源にさすだけです。

デメリットは?

ここまで商品説明をしてきましたが、では、デメリットはあるのか?考えてみたいと思います。

少し重い

幅が厚いため、少し重みがあります。
まあ、モバイルバッテリーと充電器を別々にもつ手間を考えれば、ぜんぜん気になりませんが。

充電できる回数が少ない

これだけ大きいモバイルバッテリーだと、3~4回はフル充電できるものが多いです。
でもこの製品はせいぜい1~2回しかフル充電できません。まあ正直これもデメリットいうほどではないですね笑。十分です。

まとめ

今回はANKERのモバイルバッテリー機能を搭載した充電器を紹介しました。

ぼくも常に持ち歩いていて、普段使いで大活躍しています。これ一台あればこと足りるので、荷物も少なくなって楽ちんです。ミニマリストの方にもおすすめですね~。

値段もほかのモバイルバッテリーと大差ないので、どうせならこれ持ったほうがいいですよね。この機会にぜひ!

by カエレバ