コオロギラーメン

タイトルのインパクトが強すぎますが(笑)、あなたはコオロギラーメンを知っていますか?その名の通り、コオロギのラーメンです。コオロギで出汁をとったラーメンです。コオロギってあのコオロギです。昆虫のコオロギです。

はじめてコオロギラーメンを聞く人からしたらゲテモノ料理の話だと思うかもしれませんが、ちょっと待って!気持ち悪い話を始めると思って引き返さないでください!カムバック!


そうなんです、コオロギラーメンは全然ゲテモノではなくて、めちゃめちゃ美味しい料理として確立しているんです。確立してしまっているんです。日本の昆虫食はそこまで進んでいるんですよ。

ぼくは先月はじめて食べてみて、も~すっかりはまってしまったので、今回はその感想を、感動をここで共有したいと思います!すでに食べたことある人も、気になっている人も、はじめて聞いた人も、食文化の革命に思いを馳せてみてください。

絶品コオロギラーメン

ぼくがコオロギラーメンを食べたのは3月の25日。クマ財団という公益財団法人が主催する『KUMA EXHIBITION』というイベントでした。
そこで篠原祐太さんがコオロギラーメンをふるまっていたので、それを目当てに行きました。
コオロギラーメンの存在はずっと知っていたので、ほんとに念願でした。。


篠原祐太さんという方は、慶応大学に在学中に昆虫食の伝道師として活動を始めて、コオロギラーメンをはじめとして様々なかたちで昆虫食の普及に取り組んでいます。

その篠原さんの代表作ともいえるのがコオロギラーメンであり、いろんなイベントでふるまわれています。一部の界隈ではもう話題沸騰なのです。ほんとに。


見た目、味は?

さて、肝心のコオロギラーメンの見た目、そして味とは、、!?

気になるコオロギラーメン、こちらです!

IMG_8259

あれ、見た目は完全に普通のラーメン、、!

少し黒ずんで濃厚そうなスープ、そして匂いは完全に魚介系ラーメンのそれでした。

匂いにたがわず味も魚介系で、完全にひとつのラーメンとして完成していました。これは革命です。日本を揺るがすであろう昆虫食の誕生をこの目で、この舌で、感じてしまいました。

ほんとに美味しかった。。!


ちなみに、ぼくが食べたのは試食用でありますので、本物はもっとトッピングがあったりします!

こんな感じ!


昆虫食界の革命だ

コオロギラーメンは大げさでもなんでもなく昆虫食界、ひいては食文化全体における革命だと思っています。

今まで昆虫食といったら揚げたり焼いたり、形を残したままの料理が多かったのが事実です。それゆえ虫が苦手な人には抵抗感が強く、ゲテモノというイメージをもたれることも多いです。


しかし!コオロギラーメンはそういった昆虫食のデメリットをかなり克服しており、一般の人にも届くように工夫をされております。日本の国民食ともいえるラーメンで敷居を低くし、さらには日本固有の出汁文化ともうまく調和しているのです。

これは昆虫食の普及における大きな一歩で、歴史が大きく動いたといっても過言ではないと思うのです。それくらいのインパクトがあります。


今後もイベントなどで食べる機会があるかもしれませんので、よかったらぜひ挑戦してみてください。自分のなかの価値観が大きく変わると思いますよ。。



直近では明日と明後日に開かれるイベントでコオロギラーメンが食べられるようなので、予定の合う方はぜひ行ってみてはいかがでしょうか?


昆虫食は次世代のスタンダードです。今から注目してるとおもしろいと思いますよ!
 
内山 昭一 平凡社 2012-04-15
売り上げランキング : 289726
by ヨメレバ
ムシモアゼルギリコ カンゼン 2013-11-08
売り上げランキング : 434850
by ヨメレバ