メルカリ出品

最近めちゃめちゃ流行っていますよね、メルカリ
誰でも簡単にものを売買できるアプリとして、これ以上のものはないと思っています。まじで。

かくいうぼくは、かれこれ200回以上もの取引をしてきました。そのほとんどは、「売却」です。


そんなメルカリエキスパートのぼくが(笑)、これからメルカリを始めたい人、始めたけどなかなか売れない人に向けて、出品のコツを考えてみました!
少しでも参考になることがあれば幸いです。


でははじめに、売るときのポイントをまとめます。それは、

●商品の画像はもれなく載せよう
●商品のタイトルはめいいっぱい埋めよう
●商品の説明は詳細にしよう
●汚れや傷は正直に記載しよう

適切な価格設定を見極めよう

これを一つずつ見ていきます!


商品の画像はもれなく

メルカリでは、商品の画像を4枚まで記載することができます。

画像は、できるならすべて埋めるようにしましょう。ネットで買い物をする際にいちばん参考になるのはここの画像であり、これをおろそかにするべきではないです。

4枚もどう埋めるのか?たとえばUNIQLOのスカートを出品する場合で考えてみましょう。

ぼくだったら、スカートの「表面」「後ろ面」「タグ」「傷や汚れ」という感じで4枚写真を載せると思います。

FullSizeRender
洋服の表。

FullSizeRender
洋服の後ろ。(スカートの場合、表とあまり違いはありませんが笑。)

FullSizeRender
タグなど。

少ない画像の中で情報量を増やすために、複数の画像を一枚にコラージュするのがおすすめです。ちなみにこれは、『レイアウト』というアプリを使っておりまして、簡単に画像をコラージュすることができます。

FullSizeRender
洋服の傷や汚れ。正直にすべて写真を撮りましょう。


商品のタイトルはめいいっぱい

メルカリは、商品のタイトルを40字まで記入することができます。

「商品のタイトルに40文字も使わないよ」とお思いの方もいるのではないでしょうか?

しかしぼくは、ほとんどの商品で40文字ちかく使っています

たとえば、先ほどのUNIQLOのスカートの場合、、

IMG_9011

このように、「UNIQLO ユニクロ ロングスカート プリーツスカート 深緑 傷あり」と、40文字ちかく使っています。関連するワードをたくさん絞り出しましょう。

なぜこんなに詳細にするのか?その理由は2つあって、

検索に引っかかりやすくするため
・タイトルを見ただけでどんな商品かすぐ分かるようにするため


ということです。

なるべくいろんな検索ワードで引っかかるようにし、さらに一目見ただけで商品の詳細がわかる工夫です。


商品の説明は詳細に

ここからは、商品の説明欄について記していきます。ここでのポイントは3つあります。

①サイズを測る
②状態を記載する
③ハッシュタグを設定する



①サイズはあらかじめ測ろう

メルカリで出品すると、高確率でコメントにてサイズを聞かれます。聞かれてから測るくらいなら、はじめから測って記載したほうが親切で効率もいいでしょう。


②状態を記載しよう

いつ買ったのか、どれくらい使ったのか、傷や汚れはあるのかなど、できる限り記載しましょう。


③ハッシュタグを活用しよう

メルカリでも実は、ハッシュタグが使えます。ハッシュタグを使うことで、検索に引っかかりやすくなります。

FullSizeRender

たとえばこんな感じですね!文の改行なども意識して、読みやすい説明を心がけましょう。


傷や汚れは正直に

どんな商品を出品する場合でも、傷や汚れがあるなら必ず記載するようにしましょう。

大切なことなので改めて申し上げます。

IMG_8984

このように商品の情報の欄でも、ちゃんと傷や汚れがあることを伝えましょう。


正直、汚れを隠して出品することは可能です。でもそれを売った場合、いちばん損をするのは出品者本人であると言えます。

メルカリは取引終了時に相手を評価するのがルールとなっており、傷などを隠して売却した場合、取引相手に評価を低くされるおそれがあるからです。
評価が低いユーザーはその後、商品が買われにくくなります。最悪の場合、取引の中止やアカウントの抹消などの措置がとられることもあります。


これはすべての人間関係に言えることですが、欠点は認めて相手に開示するようにしましょう。それがその人の信頼につながるのです。


適切な価格設定を見極めよう

最後に価格の設定に関するお話です。
売れるか売れないかは、価格にいちばん影響されるといっても過言ではないです。価格設定のポイントは2つあります。

①メルカリが教えてくれる「売れやすい価格」を参考にする
②同じような商品を探して、その価格を参考にする


①メルカリが教えてくれる「売れやすい価格」を参考に

メルカリでは、価格を決めるときに「売れやすい価格」というのを教えてくれることがあります。親切ですね~。


FullSizeRender

こんな感じ。
ポイントとしては、この最大の価格を越えないようにすることです。この商品の場合だったら、1500円くらいで設定します。ぼくなら。
で、一日経っても売れなければ1200~1300円くらいに下げていきます。

②同じような商品を探して参考に

メルカリには検索機能がありますので、これを最大限に活用します。たとえば「UNIQLO ロングスカート」などと検索して、他の人がどれくらいの価格で出品しているのかを見ます。それがめちゃめちゃ参考になるんですよ。。

FullSizeRender

こんな感じで、いくらなら売れているかなどをチェックしましょう。
同じ商品があれば、なお参考になりますよね。

まとめ

今回はメルカリで出品する際のぼくなりのポイントをお伝えしてきました。

改めてまとめると、

●商品の画像はもれなく載せよう
●商品のタイトルはめいいっぱい埋めよう
●商品の説明は詳細にしよう
●汚れや傷は正直に細かく記載しよう
●適切な価格設定を見極めよう

となります。もちろん、人によってポイントは違いますし、ぼくもこれからやり方を変えていくかもしれません。でもぼくは現状、トラブルやクレームにあったことはないので、やり方としては間違っていないのかなと思います。
ぜひ参考にしてみてください。

では、マナーを守って、楽しいメルカリライフを!

まだメルカリをダウンロードしてない方は、こちらからどうぞ!