制服

こんにちは。

多くの人は、学生時代は学校指定の制服で過ごしていたかと思います。
そしてそのほとんどは、男子がズボンで女子がスカートだったのではないでしょうか。

でもよく考えたら、その分け方っておかしくないですか??

なんで男女で履くものを分けて、それを強制するのでしょうか。スカートを履きたくない女子だっているでしょうし、逆にスカートを履きたい男子だっているはずです。

それを男だから女だからという理由で決められるのは納得がいきません!!(制服を着ていた当時はそんなこと考えていませんでしたが)


だからぼくは、男女ともにズボンかスカートを選べるべきだと思っています。

画一的な人間を育てる学校

学校というのは、均一で、平均的な人間を育てることに特化したところです。授業も服装も行動も、みんなに合わせて問題をおこさない人が重宝されて可愛がられます。

そのため、制服も男女で区別して管理がしやすいようになっているのでしょう。男が制服のスカートを履きたいなんて言ったら異端と見なされて問題児扱いされるかもしれません。


でもぼくは、「みんな一緒で」「平均的な」人を育てるべき時代は終わったと思います。なぜなら、それらのことは機械の方が得意であり、人間的ではないからです。


それよりも、これからの時代は際立った個性や、極端な考え方が重要になると思います。

そういった意味で、学校のあり方を服装という面から変えていくことは一つの可能性があると思います。

スーツによる縛り

ここまでは学校の制服の話をしてきましたが、会社におけるスーツにも言えることだと思います。


たとえば、ぼくはいま就活をする際にスーツを着ることがありますが、男性はズボンが当たり前。女性はほとんどの人がスカートスーツです。

就活セミナーなどに行くと、女性はスカートスーツが無難というようなアドバイスをされることがあるといいます。それはまさに「みんなスカートだから」とか、「女性らしさを際立たせるため」という理由のもとなのでしょう。

まあ、ズボンかスカートか選べるだけ、まだいいです。男性なんてズボン一択という状況です。男性が私服としてスカートを履くことすら社会的に認められていない状態で、スーツなんてもってのほかなのでしょう。


ぼくはこれは理不尽だと思いますので、スカートスーツで就活をしようと本気で思っています。

個性や自分らしさは服装から

このように、社会のいたるところで、服装による暗黙の弾圧がなされているのです。これは由々しき事態だとぼくは考えます。

人の印象のほとんどを決めるのは服装であるといっても過言ではありません。そんな「その人がどういう人か」を判断する際に一番目立つ部分を、誰かに縛られることがあってはならないと思います。


それよりもむしろ、服装によって個性や自分らしさを遺憾なく主張できる社会が健全であると思いますし、そうしていきたいです。

自分が着るものくらい、いつでも、自由に着たいものです。

それがスカート男子としての内なる思いです。