05667C35-3469-47BA-B75F-2244B5DD7C8D

どうも、スカート男子のみねです。


最近は着々とスカートを買い増しており、すでに5~6着は持っていると思われます。

そろそろ本格的に『スカート男子』として売り出していこうかな笑。

いっそのこと、ズボンを全て手放すというのはどうだろう?なんて考えも浮かんでいます。
「やるからには極端に」がぼくのモットーなので、スカートしか履かないのも面白いかと思ったのです。

でも、さすがに思いとどまりました。もともと「ファッションとして」スカートを履きたかっただけなので、無理して履くことは違うなと、思うわけです。

いずれはズボンよりスカートの割合が大きくなっていくと思われますが笑。



スカート男子のムーブメントがくる

スカート男子って世の中にはどれくらいいるのでしょう。すごく気になっています。

実際、潜在的なスカート男子を入れたらけっこうな数いるんじゃないですかね。
潜在的ってのはつまり、スカート男子予備軍です。履きたいけど勇気が出ない、とか。

もうそういう人たちは、どんどん履いていっちゃいましょう!
履く人が増えれば、それはやがて大きなムーブメントとなって社会に認知されていきます。

社会に認知され始めると、それに賛同してくれる人が必ず現れるでしょう。
その分、批判もされると思いますが、その何倍も賛同してくれる人はいます。


明確な根拠はないですが、いつかスカート男子のブームがくると思うのです。
社会現象になり、多くの男性が街中をスカートで歩いています。

そしておそらく、メンズスカートを理解できない保守的な人々は嘆き始めると思います。
「最近の若者はスカートなんて履いて、だから草食系がうんたら、、、」みたいな笑。

しかし、あらゆることの垣根がなくなったボーダーレスな世界は、より多くの人が生きやすくなるはずです。

そんな世界を夢みています。