今回はものすごく個人的な話になります。全然、読んでもらわなくても構いません。





タイトルの通り、ももいろクローバーZの有安杏果さんがグループからの卒業を表明しました。本日のことです。
そして、最後のライブは1月21日におこなうそうです。本当に、誰も予想しえなかった急な発表でした。


ぼくはいわゆる、モノノフです。知らない方もいると思いますが、ももいろクローバーZのファンのことをモノノフと呼ぶのが習わしとなっています。


この発表を聞いたとき、正直、全く意味が分かりませんでした。なぜなら、ももクロは一生続くものだと思っていたからです。一生続き、一生応援する。勝手にそんな風に思っていました。

でもいま思うと、もしかしたらそんなファンの気持ちが有安杏果さんにとってプレッシャーになっていたのかもしれません。一生、人気者として、休みがほとんどない生活を送ることを、有安さんは望んでいなかったのです。


有安さんは赤ちゃんのころからモデルをやっており、芸歴でいったら22年間ということになります。22歳にしてです。

おそらく、一般人のぼくなんかには到底想像もつかないような悩み、ストレス、プレッシャーがあると思います。気軽にどっかのお店に入ることもできない。それどころか、一歩外に出たら、1ミリも心が休まることはないでしょう。

そんな生活の中でも、いつでも笑顔を絶やさず、嫌な顔ひとつせずにファンのことを考えてくれている。手を振ってくれる。



アイドルって、すごい。ももクロって、すごい。有安杏果さんは、すごい。



まだ22歳という若さにもかかわらず、ここまで日本中の人たちに好かれ、熱くさせるなんて、本当に、本当にすごい。心から、ありがとうと言いたい。

まだ22歳。生放送の中で玉井さんも言っておりましたが、長い長い人生の中では、まだ序盤の序盤。今からなんにでもなれる年齢です。特に有安さんほどの実力と人柄があれば。


これからは「ファンの皆さんのために」ではなく「自分のために」生きていってほしいです。


いちファンのぼくがこんなおこがましいことを言える立場ではないかもしれません。誰かの人生を考えることなんてできたものではないです。

でも、これだけは言えます。どんな状況になっても、ぼくは一生、有安杏果さんの人生を応援しています。4人になっても、ももいろクローバーZを応援しています。
それくらいしか、できないから。


誤解を恐れずに言うと、『ももいろクローバーZ』なんてただの『箱』です。グループ自体に対した意味はないと思っています。大事なのは、その中のメンバーである、5人です。

ぼくが好きなのは『ももいろクローバーZ』という箱ではなく、百田夏菜子、玉井詩織、佐々木彩夏、有安杏果、高城れにの5人です。5人の人間です。そこにグループがどうとか、事務所がどうとかは関係ありません。

だからこれから4人がどんな道を辿ろうとも、信じてついて行きます。




有安杏果さん、あなたは今までに、何人の人たちに勇気を与えてきたことでしょう。元気を分けてきたことでしょう。

次はこちらが、あなたに返す番です。

だって言ったでしょう。「闘い終えたら返しに行くよ」って。