7C0610C2-A5D1-444E-B5AA-BEA21835EC7A


どーも、みねです。
今回はメンズカートの話。


日本ではまだ市民権を得ていないメンズスカート。

でも、世界に目を向けると、多くの地域で男性もスカートを履いていることが分かります。
民族衣装としてね。

そういった事例を取り上げることで、多少なりとも、メンズスカートの魅力に気づくためのきっかけになってくれればと思います!

ということで、今回は3つほど事例ご紹介していきたいと思います~。


スコットランドのキルト

ぼくがスカートを履きたいと思うようになったきっかけでもある、スコットランドの『キルト』

男性が履くスカートの中では、一番有名かなと思います。


かっこいいですね~。ゴリゴリの男×スカートってここまで様になるんですよ。
ちなみにこれはカレンダーだそう。ごく一部の人には需要ありそう笑。

スコットランドの人々は、これを普段から着用としているというより、催しや祭礼で着られることが多いようです。
昔は普段着だったようですけどね。


で、驚くべきことに、キルトの正式な履き方はパンツを着用しないというんです!!

スカートでパンツ履かないってかなり際どいよなあと思いながらも、伝統衣装なのでしょうがない。いまでもパンツ履かないんだろうか、。たぶん履かないですよね。

皆、そわそわして落ち着かないと思います笑。
階段を上るだけでもひやひやですわ。

ちなみに、基本的には男性の衣装なのですが、最近では女性も履くとか。
まさに『男性のためのスカート』なんですよねもともと。国が違えば、こうも価値観は変わる。。


ミャンマーのロンジー



続いて、ミャンマーの『ロンジー』という民族衣装です。こちらは日常的に着用されているようです。それも男女ともに。

ロンジーは、男性用と女性用で呼び方が違うんですよ。
男性用は『パソー』、女性用は『タメイン』と呼ばれています。
男女ともに履いているというのが素敵ですよね~。


このロンジー、すごくおもしろいのが、民族や職業によって色や模様が違うというんです。たとえば、学生と教師は緑、看護師は赤、技術系の学生は青のロンジ―といったように。

日本で言うと、医者や看護師は白、消防士はオレンジといったところでしょうか。
でも教師や学生にも特有の色があるのはおもしろいですねえ。


インドのルンギーとドウティ

ロンギーの次は『ルンギー』です笑。

2つの名前が似通っているのは偶然ではなく、ルンギーをビルマ語でロンジーというからなのです。
つまり、ルンギーもロンジーも同じものといってよいでしょう。


また、インドには『ドウティ』と呼ばれる男性用の衣装もあります。これはヒンドゥ教徒の方が履くものであります。

映画とかでよく見るやつ!

スカートの形としてだけでなく、股の下でつなげて、ズボンのようにして履くこともあるようです。

ルンギよりもフォーマルな場で着られるものという感じですかね。


世界のスカートを履きたい

このように世界には男性がスカートを履く例というのは多々あります。
ぜひ世界を回ってスカートファッションを学びに行きたいというのが今のぼくの願望。
世界スカート旅したい。

でも日本でも民族スカートを販売しているところはあるようなので、探しにいきたいと思います。
楽天などの通販サイトにもあるようです。

いずれにせよ、民族衣装も含めた広い意味でのメンズスカートを模索して、自分のものにしていきたいと思います!
メンズスカートで世界制服だ。