書評『お金』

最近話題になっている本を読みました。

『お金2.0-新しい経済のルールと生き方-』です。著者は株式会社メタップス社の代表取締役社長である佐藤航陽さん。

この方は前著『未来に先回りする思考法』も読んだことがありますが、このタイトルの通り、未来を見据える視野の広さ、感度の高さがすごいです。できればどちらも読んでほしいです。

では、『お金2.0』の話をば。


価値主義が台頭する世界

この本の中でぼくが大事だと思った点を要約しました。それは、


「これからの時代は、今まで焦点が当てられてこなかった内面的な価値が、お金といった有形の資産よりも大切になり、これを提供できる人が成功をつかむ。そのためには個性や独自性といったものを全面に出し熱狂的なファンをつけ、自分だけの経済圏をつくっていくことが必要」

といったところです。これらのことをひっくるめて筆者は『価値主義』と呼んでいます。



これからの時代に大切になる内面的な価値とは、「共感・熱狂・信頼・好意・感謝」といったものたちのことです。下手にお金を稼ぐよりも、これらのものの方が大切になってくるのです。

これらの資産は、いつでも金銭的価値に変換することができます。
たとえばTwitterでのフォロワーを10万もつ人は、何か新しいことを始めたいと思ったときに、フォロワーの人たちに呼びかければ協力してもらえることでしょう。

これが新しい時代で重宝される内面的な、無形の価値です。

佐藤さんは分かりやすくこうまとめています。

これからは価値という観点から、自分なりの独自の枠組みを作れるかどうかの競争になります。枠組みの中の競争ではなく、枠組みそのものを作る競争です。そのためには自分の興味や情熱と向き合い、自らの価値に気づき、それを育てていく。そしてその価値を軸に自分なりの経済圏を作っていく。

ますます、自分の好きなことを見つけてそれを発信していくことの重要性が分かります。やらされる仕事ではなく、自分のやりたいことをする。

他の人では代替できない、自分だからできること、おもしろいことをやっていきましょう。


自分の価値はどこにある?

自分の価値はどこにあるのか。これを見つけるのは簡単ではないでしょう。

会社に雇われる生き方はだめなのか、自らなにかを起こしていかなければいけないのか、と。

これに関し、ちきりんさんが興味深いことを言っています。

つまり、自分の一番の価値を探したときに、「所属する組織における肩書」である人は無理にそれを捨てる必要はないということです。

これは一つの考え方としてはありなのかなと思います。どうせ所属する組織なら、その名前や看板を存分に使って自分を売り出すべきでしょう。

しかしここで気をつけなきゃいけないのは、「それに安住していると、いつかその組織の名前が使えなくなったときにお先真っ暗」ということです。

それが企業の倒産なのかリストラなのか分かりませんが、いずれやってくる可能性はあります。それなのに組織にしがみつくのはリスクがあまりにも大きいです。


よって、企業などに属していながらも自己発信をしていくことが求められます。ツイッターであれ、ブログであれ。そこで得たファンは、大きな資産になるからです。


自分にしかできないこと

この本を読んで、自分にしかできないことを考え始めました。自分がオリジナリティを発揮できるところはどこにあるのか。


ぼくは最近、昆虫食やメンズスカートに興味があります。これは一見オリジナリティはありますね。あんまりやっている人はいないですから。

でも、ぼくにしかできないかと言うとそうでもありません。やろうと思えば誰でもできることです。


ゆえに、ぼくがやっていることの付加価値をつけていく必要があると感じました。言い換えれば、どこで差別化をはかるかということです。

まさに、ブログをやっているというのは一つの差別要因になるかと思います。ここでの継続的な発信はいつか必ず実を結びます。

あとは学生がやっているというのも一つでしょう。若さは大きな武器になりますから笑。


このように、大事なのは、まず自分の価値や長所を冷静的に知ることからです。それに加え継続的な発信は前提となり、そこからいかに自分だけの経済圏を作れるか。

ともに、価値主義の時代を生き抜きましょう。





by カエレバ