無題

ぼくはいま、大学3年生です。
中高時代は陸上部に所属し、毎日のように走っていました。

大学に入ってやっと部活から解放されたはずなのに、いまでも一人で走り続けています。

なぜ自分は走るのか?
そんなことは考えたことがなかったので、言語化してみようと思います。

健康維持

まあ一番腑に落ちる理由ですね。

今は良くても、何十年後につけが回ってくるか分かりませんから。。

身体の健康は一番の資本です。
なにせ、自分の体とは一生付き合っていかなきゃいけないわけですからね。


これからは人生100年時代ともいわれるように、老後がとにかく長くなります。不健康にしていたせいで寝たきりで過ごすなんてごめんです。

あと健康とともに体系維持ですね。
容姿が気になるお年頃!

メンタル維持

実は体の健康って、心の健康と密接にかかわっております。

体が弱ってくると、心までやられてしまうことがあります。

ですので体の健康がメンタル維持に大いに有効なのです。

あと、なにか悩みがあるときや心配事があるときに僕はよく走りに行きます。
すると、だいたい吹っ切れたりどうでもよくなることが多いです。


心が不健康なときこそ、体の健康を保つようにする。これは僕が意識しているメンタル維持の方法です!

楽しい!

一人で走るのめちゃめちゃ楽しいです。

基本的に集団があまり得意ではないので、部活でみんなで練習するよりも一人で気楽に走る方が好きです。
たまに友人と走るのもこれまた楽しいですが!


記録を狙って毎日練習する部活動もいいんですが、それよりもゆる~くやっていたいです。

罪悪感なく食べられる

これは自分でも意外な理由が出てきました。


やはり、高カロリーなものを食べるのは男の僕でもけっこうな罪悪感が残ります。
しかしそれだと、食事を心から楽しめないことがあるんですよねえ、。

日々運動をしていれば「これくらいならすぐに消費できる」と思えるので、全く躊躇がないです。
特に朝運動すると、その日ずっと楽です!なに食べてもOKみたいな笑。

子どもの運動会で活躍したい

これはまた方向性が変わってきました。


ぼくはずっと、「かっこいいお父さん」というのに憧れがありまして、その一つの形として「運動会で活躍するお父さん」が目標になっています。

親子競技や父兄種目があれば、ぜひ参加して他のお父さんを圧倒したいです笑。


頑張りすぎて途中で足がつったり転んでしまうのも楽しいですが、それはしばらくお預け。しばらくはかっこいいお父さんをやらせてもらいます。

いつになるか分かりませんが、いつか来るかもしれないその日まで体を鍛えておきます!

まとめ

こうして書き出してみると、思ったよりも多くの『走る理由』が見つかりました。


そのどれもが、『体と心の健康』に関するものだと言ってよいでしょう。
楽しいのも、なんでも躊躇なく食べられるのも、結局は心の健康につながります。

ランニングに限らず全ての運動は、多くの意味での『健康』を得られるので、本当におすすめです。