無題


僕は大学まで自転車で行っております。

だいたい、片道50分かかります笑。

田舎の学生には、1~2時間かけて登校している人もいるらしいんで、それに比べればまだましなのかもしれませんが、。

ちなみに僕は東京に住んでいますが、なんでわざわざ自転車なんかで通っているのか?

それは、いくつかメリットを感じているからです。

そのメリットとは
①定期代がかからない
②かなりの運動になる
③朝の電車に乗らなくて済む 

などなど。

一つずつ見ていきます!

定期代がかからない

これは大きいですね。


定期券を買うと、月に1万円はかかります。
それが抑えられるのはかなりありがたいです。

しかし、自転車で行くとどうしても余計に時間がかかります。ちなみに電車だと約30分で着ますので、20分は片道で余計にかかっていることになります。

その時間的損失を考えると、実際には得どころか
むしろ損をしているかもしれません。


さらに、電車に乗るとき僕は本を読むので
自己投資の時間が失われるということにもなります。

一つ目のメリットだけを考えると、自転車通学は「なし」ですよね。

運動になる

往復で100分も毎日のように自転車をこいでいれば、嫌でも痩せます。


通学時間がそのまま運動時間となりますので、通学時間が自己投資の時間となっているということです。

同じ自己投資なら、電車での読書時間を補えていると思います。

これでいくらか、メリットの部分が大きくなりました。

まあ、朝や夜に運動すればいいと言われればそれまでですが、笑。

朝の電車に乗らなくてすむ

もう、これが本当に嬉しいです。。


僕は朝の電車が大嫌いです。
逆に好きな人はあんまりいないとは思いますが

なんなら、朝に限らず電車というものが嫌です。

よく考えたら、謎の空間じゃないですか?
知らない人たちと一つの箱の中に押し込められて、お互いに無関心を装って押し黙ってなければいけない、あの空間ですよ。

遅延とか、自分ではどうすることもできない部分も多いですし。

ですので、これが僕にとって一番のメリットです。

だから、自転車通学は僕にとってはメリットの方が大きいので「あり」なんです。

まとめ

このように、自転車通学はお金がかからないから得だと思われがちですが、時間などの『形のない資産』に目を向けるとむしろマイナスになるかもしれません。


しかし、僕のようにいくつかのメリットを感じている人はいるはずです。

つまり、お得そうだからとすぐに飛びつくのではなく、様々な要因を考慮して自分の最適な答えを見つける必要があります。

ここで大切なのは、自分の答えというところです。

それぞれが何に価値を見出しているのかは異なるので、自然と答えも違ってきます。

僕の場合、たまたまメリットが大きくなっただけで、電車の方が全然よいという人もたくさんいると思います。

人はしばしば、お金というものさしのみに目をとられて、他の価値が見えていないということがあります。

もう一度言いますが、『形のない資産』にこそ価値があったりするので、そっちに目を向けてみると自分の中で大切にしているものが見えてきたりします。