6BBC6A85-29FE-4C8B-A95E-A59909F31796


こんにちは。みねちゃんです。


人ってとかく、周りの人の目を気にしがちですよね。
「自分がこれをしたら嫌われるんじゃないか」とか、「とにかく目立たないように行動しよう」とか。

でもそんなことを思っていては、行動が制限されますし、何かをするときに躊躇してしまいます。

そこで今回は、僕が実践している『周りの目が気にならなくなる方法』を
共有していきたいと思います。

ずばり、それは次の3つに分けられます。

①人間関係を必要最低限にしぼる
②一つでも心のよりどころを見つける
③ 人はそんなに他人を気にしていないと知る



①人間関係を最低限にしぼる

周りの目を気にしてしまう原因の一つとして誰とでも上手くやっていこうとすることが挙げられます。



八方美人でどの人にもいい顔をしていると、ものすごく精神を消耗します。
これは僕も以前そうだったのでよく分かります。

ですので、関わりを持つ人をはなから絞ってしまうのです。

そうすることで、感情を割り切れるので関わりのない人のことはどうでもよくなります。

最初は難しいかもしれませんが、慣れてくるとかなり楽になります。

100%の対応をする人は、数人でいいのです。


②心の拠り所を見つける

これは①と関連しています。


いくら人間関係を絞るといっても、やはり誰かに嫌われたりするのは辛いもの。

そこで、心のよりどころを一つでも持っていることが大切です。

多く場合、これは家族や友人かもしれません。
アイドルやゲームという人もいるでしょう。

とにかく、損得勘定を無視してつき合えるものを見つけることが肝要です。

これに関して、プロブロガーであるイケダハヤトさんはこんなことを言っています。

妻さえいれば、世界中の人から嫌われても大丈夫


ここまで言い切れるってすごいですよね。。

最終防衛ラインを作っておくことで、何かがきっかけで炎上などしてしまっても心を強く保てるでしょう。


③人は他人のことを気にしていないと知る

これは本当に思います。


だってあなたは、他人の失敗や行動をそんなに覚えていますか?

自分のことに精いっぱいで、いちいち気にしていないはずです。
ということは、相手も自分を気にしていないということなのです。

思うに、『周りの目』というのは、自らが作り出した幻想なのかもしれません。

ただ自意識過剰になっているだけなのです。

もう一度言います、誰もあなたのことなんて見ていません。

この意識をもって、好き勝手行動しましょう。

もちろん、羞恥心やモラルは持つべきですが、無駄なプライドや躊躇は捨て去ってしまいましょう!