森2

みねちゃんです。

突然ですがあなたは、昆虫を食べたことがありますか?

初回から飛ばしすぎましたかね?悲鳴が聞こえてきそうです。

しかし冗談でもなんでもなく、昆虫食は今、世界規模で注目されているんですよ。

そのきっかけとなったのは今から4年前の2013年、「国際連合食糧農業機関(通称FAO)」というところが出した報告書なんですね。
まあざっくり言うと、「食糧危機にそなえて昆虫を食べようぜ!」ってことです笑。


そんなわけでここからは、大注目な昆虫食のメリットを紹介していきたいと思います!

昆虫食のメリット

①飼料変換効率が高い
多くの人は、飼料変換効率?なにそれ?という感じですよね。

これは簡単に言っちゃうと、育てる際にエサが少なくて済むよ、ということです。

例えば、牛肉を1kg生産するには8kgものエサが必要なのですが、コオロギの場合だと1kg生産するのに2kgのエサで済むんですねー。
しかも昆虫の多くは廃棄物や堆肥で育つので、とってもエコ!素晴らしい。

また、水もほとんど必要としません。水が不足している地域でも育てられるのは大きなメリットだと言えます。

②狭い土地で育つ
これは分かりやすいですね。畜産と違って昆虫の生育には、広い土地を必要としません。


昆虫食ではないですが、最近では、都心のビルの屋上ではちみつをつくっているなんて事例も出てきています。大都会で食用昆虫の養殖が始まる日も近いかも?

③可食部率が高い
可食部率とは、食べられる部分の割合のことです。牛や豚の可食部率は40~50%と言われていますが、昆虫のそれはなんと、80~90%なんですよ。幼虫に至っては100%!無駄がない!


④ガスを出さない
牛などの動物は、生きているだけでメタンガスを排出します。主にゲップでの排出になるのですが、なんと1日に300~500リットルも出すらしいです、。

このメタンガスというのが地球温暖化の一因となっているのです。

昆虫はそのようなガスを出さないので、環境にやさしい生育ができます。

昆虫食のデメリット

このようにメリットの多い昆虫食ですが、デメリットもあります。挙げていきます。


①効率よく養殖できない
昆虫に関しては、まだ効率よく養殖をおこなうことができません。

しかし、今まさにいろんなところで研究がなされていますので、近いうちに養殖技術は確立するかと思います。。


②見た目の問題
正直なところ、一番のデメリットと言えるかもしれません。


どうしても昆虫を気持ち悪いと思う人は多いのが現実です。ぼくもそのまま食べるのはまだ少し勇気がいりますし笑。

一つの解決策としては粉末にするなどして何かと混ぜることですが、それでも虫が入っているというだけで嫌悪感を抱く人はいます。
こればかりは時間をかけて浸透させていくしか手はないですかね~。

昆虫食のポテンシャルはすごい

どうですか、興味わいてきましたか?このような理由から、昆虫食が世界の食糧事情を変える可能性は大いにあると思います。


昆虫食はイメージこそよくないですが、これは人々の意識の問題だと思いますね。一つの国でも、食文化なんて時代によっていくらでも変わっていきます。ですから、昆虫食が日本で一般的になる可能性は大いにあると思っています。


そもそも、日本では昔からイナゴやはちの子など、昆虫を食べることには慣れ親しんでいるはずなのです。ですので得意分野として世界を牽引できるといいんですけど。。


ぼくはあと数十年もすれば、日本でも昆虫が一般的に食べられる日が来ると思っています。本気で。

それは食糧問題といった文脈ではなく、純粋に食文化として広げていきたい。ぼくも、そのためにやれることをやっていきます。