最近のトイレの便利さはすさまじい。
コンビニのトイレですら、いろんな機能が備わっている。

例えばこの間びっくりしたのが、 勝手に音姫が流れることだ。
音姫とは、用を足しているときの音を隠すために流す、川のせせらぎのようなメロディのこと。

基本的に普段は音姫は使わない方針だ。「こいつ音姫なんか使ってやがる。誰も気にしてねえよ」なんて思われたら嫌だから。でも、勝手に流れてしまってはどうしようもない。

音姫は使わないのだが、備え付けのウォシュレットは使う。
最近はどこのコンビニでもウォシュレッがあって驚く。たいして掃除もしてないだろうから汚いのだろうが(場所によります)、ウォシュレットの快適さには勝てない。あれは世界に誇れるSiri革命だ。

そして用を足し終わってから便器を立つと、当然のように水が自動で流れる。

中には、自動で便器の蓋が開いたり閉まったりするトイレもある。なんでもかんでも自動。

ウォシュレットや音姫ネイティブの日本の子ども達は、いつしか海外のトイレとか使えなくなる世代が出てくるんじゃないか?和式便所の講習会とか必要なんじゃないか?


日本のトイレが便利すぎて、そんな心配をしてしまう。