僕は11月14日から12月17日までの約1ヶ月間、鴨川自然王国で住み込みバイトをさせてもらいました。この記事を書いているのは、東京の家に帰る電車の中です。

鴨川自然王国とは、千葉県鴨川市にある農業法人のこと。標高300mの山奥に広大な敷地を有しており、畑や田んぼはもちろんのこと、カフェなども併設されています。いわば鴨川市の最果てのような場所。

ここで1ヶ月間、住み込みながら農業や狩猟のお手伝いをしていました。

標高が高いため地上よりかなり寒かったのですが、その分、空気がきれいで景色が良い。寒さや不便さを我慢するだけの価値は十分にありました。。

FullSizeRender
晴れの日の眺め。
 

FullSizeRender
霧がかかると幻想的。


王国の管理をされているのは藤本さん夫妻。鴨川自然王国を創設した加藤登紀子さんの娘であるYaeさんと、その夫のミツヲさんです。藤本さんの家族も、王国に携わっているスタッフも、みんなみんな心が広くておもしろくて。こんな魅力的な人たちが集まる場所はそうそう無い。

ふらっと立ち寄れる場所ではないですが、気になる人は足を運んでみてください。なお、カフェ営業は土日だけです。王国で自給されている野菜やお米、うどんなどを使った料理を食べることができます。

また、鴨川自然王国はサポーター制度を設けており、年会費1万円で王国を応援することができるのです。

サポートのお返しとして、王国で作ったお米や味噌などを送ってもらえます。さらに、毎月開催される宿泊型体験イベントや懇親会に参加することもできるんです(別途参加料かかります)。

とにかく良いところなんで、ぜひ行ってみてください!