就職活動を始めました。
 
正確には、来年から本格的に始めようと思っています。

状況的には、大学卒業から1年経った上での就職活動なので、いわゆる「既卒」となります。

新卒採用として扱ってくれる会社もあるようなので、ありがたい限りです。


鴨川で田舎暮らしをして感じたこと

なぜ既卒で就職活動を始めたのか。それを説明するためにはまず、卒業後の1年間、何をしていたのか話す必要があります。
 
僕は東京の大学を卒業したあと、千葉県鴨川市で生活をしていました。目的は自給自足と村づくり。そして就職せずフリーで働いてみたかったから。

約1年間の田舎暮らし&フリー生活を経て、以下のことを感じました。
・田舎は何をするにも濃い人間づきあいを強いられる
・同世代の人間がほとんどいない
・フリーはできることしか仕事にならない
・自給自足は基本的にコスパが悪い
・東京に出るのが面倒臭い
・自然が豊かな地で過ごすのは気持ちが良い

など。

当然、良い面も悪い面もあったし、悪い面も見方を変えればメリットになったり、逆もまたしかり。


既卒の僕が就職活動する理由

以上のことをふまえた上で、僕が就職活動を始める理由をお話ししていきます。

会社で働いてみたいから

単純に、フリーを経験した次は会社で働いてみたくなったからです。

フリーは自分のできることしか仕事にならないし、限界がすぐに見えてしまう気がしたので、会社で大きな仕事をしてみたい。

忙しいときの方が他のこともできるから

フリーは自分で仕事の裁量を決められるので、どうしても妥協してしまう弱い自分がいます。

ゆるく働くのも良いのですが、若い今のうちはバリバリ働く方が良いな、と判断しました。

あと人間って、暇なときより忙しいときのほうが、他のことにも手を出せると思うんです。
つまり、会社でバリバリ働いたほうが、自分の活動も精力的にできるんじゃないか、ってこと。


既卒も新卒も変わらない?

新卒とか既卒とか第二新卒とか、いろいろな枠組みがある日本の就職市場。

でも実際、既卒も新卒も変わらない、ということをとある一流サラリーマンに言われました。笑

本質はいつだって、「自分は何ができるのか?」「社会や会社にどんな風に貢献できるのか?」の2点なのです。

既卒という条件付きだからこそ逆に、気楽に就活できるかもな、とも思っています。

とにかく、やれることを、やれるだけやってみます〜