62EA15A1-479D-42C0-BCBF-4E947ABBB9E7


多くのコンビニに防犯カメラが設置されていることはご存知だと思います。

こちらの記事によると、防犯カメラの設置台数は4の倍数になっているということ。
4台、8台、多くて16台の店舗もあるといいます。

この記事では、なぜコンビニに防犯カメラを設置するのか、設置にかかる費用などを考察していきます。


コンビニに防犯カメラを設置する理由

まずは、コンビニに防犯カメラを設置する理由を3つ紹介します。

理由①:万引きや犯罪対策

コンビニではよく万引きが発生します。

犯罪白書によると、平成29年においては、万引き被害の認知件数は10万を超したということ。
コンビニ以外での万引きも含んでおりますが、万引きの多さを知るには良い資料です。

また、万引き以外でも、防犯カメラはコンビニ強盗や暴力事件の監視の一助になっています。

理由②:従業員の監視のため

深夜のコンビニでは、店内に従業員が一人ということも珍しくありません。

そこで問題になるのが、従業員がレジのお金を盗むことや、仕事をサボることなどです。

「防犯カメラがある」というだけで、従業員の勤務態度が向上することは想像に難くありません。


また、近ごろ社会問題となっている「バイトテロ」の対策にもなります。

バイトテロとは、冷蔵庫の中に入ったり、おでんに手を突っ込む従業員などのことです。

これら、馬鹿なバイトをなくすためにも防犯カメラが必要になるのでしょう。

理由③:マーケティングのため

お客さんが何時に何人くらい来て、性別や年齢はどうなのか、ということを防犯カメラから知ることができます。

これら来店するお客さんの情報は、マーケティングにかなり役立ちます。

「学生が多いからこういう商品を増やそう」「サラリーマンが多いからこういうレイアウトにしよう」、など店内に置く商品の工夫に役立つのです。

企業によっては、喉から手が出るほど欲しい情報になります。


コンビニに防犯カメラを設置する費用は数万円〜数十万円

実際、コンビニに防犯カメラを設置するにあたって、どれくらい費用がかかるのか。  

IMG_2294
参考までに、株式会社トリニティーの場合、防犯カメラ16台で月に20000〜30000円程度(設置環境や機器により変動します)。

会社によって変動はありますが、だいたい数万円〜数十万円が相場です。

なお、カメラの解像度などが異なるため、いちがいに料金だけで判断できるものでないことをご了承ください。


コンビニの防犯カメラは費用に見合うものなのか

平均して設置に数万円かかる防犯カメラは、果たして費用に見合うものなのでしょうか?

僕の意見としては、設置する価値は十分にあると思います。

決して少なくない万引きなどの被害額と防犯カメラの設置費用を比較したら、長期的には防犯カメラ設置のほうがメリットが大きいでしょう。

なにより、万引きが減ることはお金の問題以上に、治安が良くなるという側面もあります。


また、防犯カメラにより従業員の勤務態度が向上すると、お店の評判が良くなり、売り上げや従業員の募集時に良い影響が出ると推測されます。

あらゆる面で、防犯カメラの設置は必要な投資であることが分かりますね。