まいんどちゃねる

就職に悩み、個で生きる方法を模索しブログに出会う。 最近は昆虫食、メンズスカートにはまってます。

2018年02月

スカートメリットデメリット

どうも、みねちゃんです。最近はよくスカートを履いているのですが、そのときに不便なことやいいところをいくつか挙げていきたいと思います。


スカートを履いていて不便なこと

その1:動きづらい

これは本当にそうで、特にタイトなスカートを履くと機能性が失われます。急いでいるときなんかは走りづらくてかなわない。



階段も上りづらいことこのうえなし。


その2:トイレやりづらい

トイレも不便ですね~。スカートって、チャックがないものが多いので非常に困ります。
まくし上げて頑張って用を足しています。


その3:思い切り遊べない

これは1による弊害ですが、行楽地などで思い切り遊べないです。
具体的にはこの間、遊園地にスカートで行ってしまいとても不自由な思いをしました。(少し考えればわかること)

一回転系の乗り物とかほんと、ひやひやしていました。世界一需要のないスカートはらりが起こるところでした、、。

逆にいいこともあるよ

まあこのようにデメリットもいくつかあるのですが、逆にいいことだってあります。

メリットその1:涼しい

これは暑がりのぼくにとって最大の利点です!!とにかく涼しい。

今は冬なので寒さが倍増するだけですが、夏にその真価を発揮するでしょう。ズボンと違って蒸れないのがいいですね。


メリットその2:カラフルな服装を楽しめる

これって本当にうらやましいのですが、スカートは、ズボンと違って色とりどりなんです。色だけでなく柄や模様も多様で、男物の地味な服装よりよっぽど楽しいです。


メリットその3:他との差別化

これはスカートを履く男性が少ない今だからこそ機能することです。

明らかに、他の人とは違うファッションを楽しめます。今後もしスカートを履く男性が増えてきたら、逆にぼくは履かなくなるかもしれません笑。

そしたらまた他の方法で差別化をはかると思います。

まとめ

だいぶスカートに慣れてきた今だからこそ、改めて感想を述べてみました。

まあいろんなデメリットもありますが、「おしゃれは我慢」なんて言葉もあるくらいですから、多少の不便さは甘んじて受け入れていきます。

それよりもメリットは大きいと思いますし、誰もやっていないということで先行者利益を享受できる可能性もあります。むしろ、それを狙って履いている部分もありますね笑。

そしていつか、メンズスカートの大きなムーブメントが起こることを信じて!

無題

なんかタイトルがキャッチコピーみたいになっていしまいました笑。


皆さん、服はどこで買いますか?

好きなブランドがある人、特にこだわりはない人、そもそも服はほとんど買わない人など、さまざまだとは思います。

思うに、服は第一印象を決める上で非常に大事な要素になると思います。

ですので、自分が着る服を意識して損はないと思います。

意識するというのは、決してハイブランドの服や流行の服を揃えろというのではありません。

誰でも行きやすく価格もリーズナブルな、しまむらやユニクロで十分なのです。

なぜなら、大事なのはコーディネートうんぬんよりも清潔感だからです。



大事なのは清潔感

おしゃれではなくとも、清潔感を意識するだけで第一印象は大きく変わります。

もちろん、清潔感は服だけで決まるものでもありません。
髪型やその他のものも関係してきます。

しかしその中で、着る服はかなり大きな要素となります。
体のほとんどを覆っているわけですから当たり前といえばそうですね。

「おしゃれとか分からない」「服に時間をかけるのは無駄だ」
このような気持ちを持つのも分かりますが、そんなことはないです。

外行きの服を3パターンくらい持っておけば、それをひたすら着まわしていくだけで十分です。

その3パターンすら何を買えばよいか分からない人は、誰かに買い物をつき合ってもらうか、マネキンが着ているまんまのセットを買うでもよいと思います。あれなら外さないです笑。


では、清潔感のある服装とはどんなものでしょう。
ポイントは3つあります。
1つ目は『サイズ』
2つ目はシミやしわのなさ』
3つ目は『色合い』
です。


サイズ

これは基本です。
だぼついたものやタイトすぎる服は避けましょう。
特にズボンがぶかぶかですとみっともないです。

あえて大きめの服を着るコーディネートも流行っていますが、慣れてないならやめましょう。

逆にタイトめの服は、肉体に自信がないのならやめておきましょう。

適切なサイズを選ぶのは意外と難しいので、試着は必須と言えます。
そこは面倒くさがらずにいきましょう。


シミやしわ


これは購入後のことですね。

ちゃんと洗って乾かして、アイロンをかけましょう。
このちょっとした作業の有無で清潔感は大きく左右されます。

そんなに高くないものですし、ボロくなってきたら買い替えるくらいの気持ちでもよいのでは。


色合い


よほどのこだわりがない限り、色は無難なものを選びましょう。

無難な色とは、白、黒、ベージュ、ネイビーなどです。
これらの色はだいたい何とでも合いますし主張が少ないです。

白シャツなんかは、最もシンプルな装いかもしれませんが清潔感の極致みたいなポジションにありますね!白シャツサイコーです。


まとめ


服に全く興味がない人であっても、少し意識するだけでガラッと印象が変わるような恰好ができます。おしゃれ、まではいかなくとも、清潔感は持てます。

どうせ毎日着る服ならば、少しでよい印象を持たれたほうがお得じゃないですか?
僕はそう思います。

逆に着ている服でマイナスのイメージを持たれてしまってはもったいない、、
そんな不毛なことはなくしましょう。

よほど服にこだわりがあったり好みがあるわけではないのなら、万人受けする無難な格好をしましょう!目指せ清潔感!



こんにちは。皆さんは腕時計をしていますか?

男はけっこう腕時計にこだわる人が多い印象があります。
かくいうぼくも、ニクソンの腕時計を持っていたことがあります。

持っていた、というのは、実は旅行先でなくしてしまったんですよね、。
お気に入りだったのにめちゃめちゃショックでした。それはもう。

だから、新しい腕時計を探していたんですよ。お店まわったり、ネット見たり。

でも結局、購入したお店はものすごく意外なところになりました。


それが、ダイソーなんですよ。あの百円均一のお店の。


ダイソーの腕時計

ダイソーで腕時計?ちゃっちくて、おもちゃみたいなやつじゃないの?と、そうお思いの方もいるでしょう。

まあたしかに、時計なんていいやつはうん万円したりしますし、不安になるのも分かります。

でも、それが全然!少なくとも半年以上は壊れずにもっていますし、デザインもかっこいいです、本当に。


では、実際に見てもらいましょう!

FullSizeRender
めちゃめちゃかっこよくないですか?シックで、シンプルな感じが。

こちらは、300円商品になります。それでも安い。。

もう完全に見た目は、ダ〇エルウェリントンなんですよ笑。
友人に見せたら、たいがい間違えられます。
そのときの快感ったらもう。。

ちなみにこちら、バンドの部分が付け替え可能なんです。
バンドは別で、100円で買えると思います。

FullSizeRender
こんな感じ。

気分によって付け替えています。
これでもたったの500円ですからね~。まさにコスパ最高といえるでしょう。


もう一種類ある

実はこれの他にもいかした腕時計が売ってるんですよ!

もちろん買いました。それがこれです!

FullSizeRender
今回はうってかわって、ごつめの腕時計となっております。

こちらは500円商品です。安い~。

見た目は完全に〇-SHOCKです。なんだこの例えるシリーズ。


その日のコーデに合わせて、さっきのを付けたりこれを付けたりしています。

2つ合わせてもたったの1000円ちょっと。
それでこんなにもコーデの幅が広がるのも嬉しいですよね。
もちろん腕時計なので実用性もあるし。

小物にはあまりお金をかけたくないという人にも、ダイソーの腕時計は本当におすすめです。


ダイソーを侮ることなかれ

以上、ダイソーの腕時計を2種類、紹介いたしました。

どうでしたか?まさかダイソーにこんなものが、と思った方も多いのではないですか?

『安い=質が悪い』とは必ずしも言えないということを分かっていただけたかと思います。

それは逆もまたしかり。高いものが絶対的によいものではないです。
大事なのは、それを見極める目利き力。

値段というものさしを使わずに、自分にとって本当によいものを見つけていきたいものです。

流行

ファッション。それは流行のことであり、着ている服や装い自体を指す言葉でもあります。

流行というのは常に移り変わるものであり、誰かが作り出しているものです。

雑誌などを読んで敏感に流行を感じ取り、自分のスタイルに取り入れる。
ぼくは今までこれを目指し、おしゃれであるための条件であるとすら思っていました。

でも最近、考えが変わりました。

流行を追うのってめちゃめちゃ消耗するし、キリがない!

しかも、多くの人が同じように流行を追っているので、みんなと同じような装いしかできない。
よくいえば『安定』、わるくいえば『画一的』。

でもこれじゃつまらないじゃないですか?

「この服はもう古いかな?」とか考えるの面倒だし。疲れるし。

だからぼくは流行とか関係なく『自分のスタイル』を見つけ、貫いていくことを決意しました。


自分のスタイルとは

具体的に、流行によらない自分のスタイルというものを考えていきたいと思います。

それは一言でいうと、『着ていて自分が楽しい服』だと思います。

そこには季節感や機能性、性別といった枠組みは存在しません。
自分が着たいと思ったなら冬に短パンを履いてもよいし、男がスカートを履いてもよいのです。寒くても暑くても、着ていて楽しければよいと思います。

「おしゃれは我慢だ」とはよく言ったものです笑。誰が言ったのかは知りませんが。


「季節感などを無視して自分の着たいものを着る」
これをもっともよく体現しているのは、女子高生だとぼくは思います。本当に。

だって、真冬でも生足でミニスカートとか履いてるじゃないですか!さらにそれで自転車に乗ったり。

機能性や季節感なんてまるで無視。期間限定のJKにしかできない制服ミニスカだからこそ、思いっきり楽しむためにあそこまで体を張れるのです。

まさに、自分が楽しむための装いといえます。



おしゃれはダサいと同義

あのおしゃれで有名なピースの又吉さんは、かつてこんなことを言っていたそうです。

「おしゃれな人とは言われたくない。おしゃれはダサいと同義だから」

う~ん、深い。
又吉さんにとっては一般人に理解され始めた時点で、価値はなくなるということだとぼくは解釈します。

あるいは世間のものさしで自分のスタイルを測られたくない、ということ。


そうです、どこかのモデルとかじゃない限り、服なんて結局は自己満足なんですから。自分の好きなようにしなくてどうするんですか。


自分がよければOK

逆に、「服なんて全く興味ない。白Tがあれば十分。」などという人もクールでよいと思います。

ぼくも、いつそういうマインドにシフトしないとも限りません。

要するに、自分がよければ、よいのです。

矛盾するようですが、「流行を追うのが生きがい」という人は、それを貫けばよいと思いますしね。周りの人と同じじゃないと不安になる人だっているでしょうし。

そのレース、ぼくはお先に離脱しますが。。

無題

日本ではまだ市民権を得ていないメンズスカート。

でも、世界に目を向けると、多くの地域で男性もスカートを履いていることが分かります。民族衣装としてね。

そういった事例を取り上げることで、多少なりとも、メンズスカートの魅力に気づくためのきっかけになってくれればと思います!

ということで、今回は3つほどご紹介していきたいと思います~。


スコットランドのキルト

ぼくがスカートを履きたいと思うようになったきっかけでもある、スコットランドの『キルト』

男性が履くスカートの中では、一番有名かなと思います。


かっこいいですね~。ゴリゴリの男×スカートってここまで様になるんですよ。
ちなみにこれはカレンダーだそう。ごく一部の人には需要ありそう笑。

スコットランドの人々は、これを普段から着用としているというより、催しや祭礼で着られることが多いようです。昔は普段着だったようですけどね。

で、驚くべきことに、キルトの正式な履き方はパンツを着用しないというんです!!

スカートでパンツ履かないってかなり際どいよなあと思いながらも、伝統衣装なのでしょうがない。いまでもパンツ履かないんだろうか、。たぶん履かないですよね。

皆、そわそわして落ち着かないと思います笑。階段を上るだけでもひやひやですわ。

ちなみに、基本的には男性の衣装なのですが、最近では女性も履くとか。まさに『男性のためのスカート』なんですよねもともと。国が違えば、こうも価値観は変わる。。


ミャンマーのロンジー




続いて、ミャンマーの『ロンジー』という民族衣装です。こちらは日常的に着用されているようです。それも男女ともに。

ロンジーは、男性用と女性用で呼び方が違うんですよ。男性用は『パソー』、女性用は『タメイン』と呼ばれています。男女ともに履いているというのが素敵ですよね~。

このロンジー、すごくおもしろいのが、民族や職業によって色や模様が違うというんです。たとえば、学生と教師は緑、看護師は赤、技術系の学生は青のロンジ―といったように。

日本で言うと、医者や看護師は白、消防士はオレンジといったところでしょうか。でも教師や学生にも特有の色があるのはおもしろいですねえ。


インドのルンギーとドウティ

ロンギーの次は『ルンギー』です笑。

2つの名前が似通っているのは偶然ではなく、ルンギーをビルマ語でロンジーというからなのです。つまり、ルンギーもロンジーも同じものといってよいでしょう。

また、インドには『ドウティ』と呼ばれる男性用の衣装もあります。これはヒンドゥ教徒の方が履くものであります。

映画とかでよく見るやつ!

スカートの形としてだけでなく、股の下でつなげて、ズボンのようにして履くこともあるようです。

ルンギよりもフォーマルな場で着られるものという感じですかね。


世界の民族衣装を履きたい

このように世界には男性がスカートを履く例というのは多々あります。
ぜひ世界を回ってスカートファッションを学びに行きたいというのが今のぼくの願望。世界スカート旅したい。

でも日本でも民族スカートを販売しているところはあるようなので、探しにいきたいと思います!楽天などの通販サイトにもあるようです。

それかもう自分で作るとか。それはもはや民族衣装とは言えないな笑。


いずれにせよ、民族衣装も含めた広い意味でのメンズスカートを模索して、自分のものにしていきたいと思います!メンズスカートで世界制服だ。

↑このページのトップヘ