まいんどちゃねる

就職に悩み、個で生きる方法を模索しブログに出会う。 最近は昆虫食、メンズスカートにはまってます。

2018年01月





今回はものすごく個人的な話になります。全然、読んでもらわなくても構いません。





タイトルの通り、ももいろクローバーZの有安杏果さんがグループからの卒業を表明しました。本日のことです。
そして、最後のライブは1月21日におこなうそうです。本当に、誰も予想しえなかった急な発表でした。


ぼくはいわゆる、モノノフです。知らない方もいると思いますが、ももいろクローバーZのファンのことをモノノフと呼ぶのが習わしとなっています。


この発表を聞いたとき、正直、全く意味が分かりませんでした。なぜなら、ももクロは一生続くものだと思っていたからです。一生続き、一生応援する。勝手にそんな風に思っていました。

でもいま思うと、もしかしたらそんなファンの気持ちが有安杏果さんにとってプレッシャーになっていたのかもしれません。一生、人気者として、休みがほとんどない生活を送ることを、有安さんは望んでいなかったのです。


有安さんは赤ちゃんのころからモデルをやっており、芸歴でいったら22年間ということになります。22歳にしてです。

おそらく、一般人のぼくなんかには到底想像もつかないような悩み、ストレス、プレッシャーがあると思います。気軽にどっかのお店に入ることもできない。それどころか、一歩外に出たら、1ミリも心が休まることはないでしょう。

そんな生活の中でも、いつでも笑顔を絶やさず、嫌な顔ひとつせずにファンのことを考えてくれている。手を振ってくれる。



アイドルって、すごい。ももクロって、すごい。有安杏果さんは、すごい。



まだ22歳という若さにもかかわらず、ここまで日本中の人たちに好かれ、熱くさせるなんて、本当に、本当にすごい。心から、ありがとうと言いたい。

まだ22歳。生放送の中で玉井さんも言っておりましたが、長い長い人生の中では、まだ序盤の序盤。今からなんにでもなれる年齢です。特に有安さんほどの実力と人柄があれば。


これからは「ファンの皆さんのために」ではなく「自分のために」生きていってほしいです。


いちファンのぼくがこんなおこがましいことを言える立場ではないかもしれません。誰かの人生を考えることなんてできたものではないです。

でも、これだけは言えます。どんな状況になっても、ぼくは一生、有安杏果さんの人生を応援しています。4人になっても、ももいろクローバーZを応援しています。
それくらいしか、できないから。


誤解を恐れずに言うと、『ももいろクローバーZ』なんてただの『箱』です。グループ自体に対した意味はないと思っています。大事なのは、その中のメンバーである、5人です。

ぼくが好きなのは『ももいろクローバーZ』という箱ではなく、百田夏菜子、玉井詩織、佐々木彩夏、有安杏果、高城れにの5人です。5人の人間です。そこにグループがどうとか、事務所がどうとかは関係ありません。

だからこれから4人がどんな道を辿ろうとも、信じてついて行きます。




有安杏果さん、あなたは今までに、何人の人たちに勇気を与えてきたことでしょう。元気を分けてきたことでしょう。

次はこちらが、あなたに返す番です。

だって言ったでしょう。「闘い終えたら返しに行くよ」って。

無題

ぼくは最近、世間に流されるように仮装通貨を持ち始めました。

ビットコインが200万円を越えたり、毎日のよう何かしら話題になっています。それに影響を受けましたね。。

で、それは投機目的っていうのもなくはないのですが、一番の目的は最新のテクノロジーに触れるための勉強だと思っています。


こういうのは実際に自分で触れてみなければ分からない部分が多いですからね。

最新のテクノロジー

仮装通貨は今まさに過渡期だと思っていて、こんなに盛り上がっているのに参入しないのは損です。たとえ元本を失っても後悔しないくらいの金額、心持で買っています。

それでもむしろ、勉強代だと思えば安いものです。

こういうのって、興味の有無にかかわらず、とりあえず手を出しておくことも大事だと思います。世の中の大きな流れに便乗し、行けるとこまで行ってみる。


もうここまで世間をにぎわすと、「怪しい」とか「よく分からない」とか言っていられなくなります。そんな次元ではないくらいの広がりを見せようとしているのです。


宝くじなんて買っている暇があるなら仮想通貨を買った方が確実によいです!主要な通貨ならなにを買ってもだいたい上がるというフィーバー状態。。

長期的に見たら、まだまだこんなもんじゃないでしょうしね。

人生で二度とあるかないかの機会

純粋に、仮装通貨に触れていると楽しいです。毎日大きく価値が変動する通貨も新鮮ですし、なにより時代の最先端を走っているものはすごく刺激的です。


これから社会のシステム自体を変えてしまうポテンシャルを持っているものに出会う機会もめったにないです。人生でこれだけの盛り上がりを見せる通貨は二度とないように思いますし。

そういう意味でも、仮装通貨を持ってみるのは大いに意義のあることだと思います。

ぼくなんてまだまだ素人なんで何が上がるとかよく分かっていませんが、直感で気になったものを買っていきたいと思います笑。(名前が格好いいとか)

何が言いたいかというと、そんくらいの気軽な感じで始めてみるのもありなんじゃないか、ってことです!手を出してから勉強するのも遅くないと思いますね。


ぼくもこれからもっと勉強して、どうせやるなら少しでも多く儲けを出せるように頑張りたいと思います。本来勉強って、これくらいワクワクしながらやるべきものですよね~。

自分の好きなことの勉強は全く苦ではありません。

気になっている人はぜひ参入を。これからまだまだ伸びると思いますよ~。

無題

ぼくはいま、大学3年生です。
中高時代は陸上部に所属し、毎日のように走っていました。

大学に入ってやっと部活から解放されたはずなのに、いまでも一人で走り続けています。

なぜ自分は走るのか?
そんなことは考えたことがなかったので、言語化してみようと思います。

健康維持

まあ一番腑に落ちる理由ですね。

今は良くても、何十年後につけが回ってくるか分かりませんから。。

身体の健康は一番の資本です。
なにせ、自分の体とは一生付き合っていかなきゃいけないわけですからね。


これからは人生100年時代ともいわれるように、老後がとにかく長くなります。不健康にしていたせいで寝たきりで過ごすなんてごめんです。

あと健康とともに体系維持ですね。
容姿が気になるお年頃!

メンタル維持

実は体の健康って、心の健康と密接にかかわっております。

体が弱ってくると、心までやられてしまうことがあります。

ですので体の健康がメンタル維持に大いに有効なのです。

あと、なにか悩みがあるときや心配事があるときに僕はよく走りに行きます。
すると、だいたい吹っ切れたりどうでもよくなることが多いです。


心が不健康なときこそ、体の健康を保つようにする。これは僕が意識しているメンタル維持の方法です!

楽しい!

一人で走るのめちゃめちゃ楽しいです。

基本的に集団があまり得意ではないので、部活でみんなで練習するよりも一人で気楽に走る方が好きです。
たまに友人と走るのもこれまた楽しいですが!


記録を狙って毎日練習する部活動もいいんですが、それよりもゆる~くやっていたいです。

罪悪感なく食べられる

これは自分でも意外な理由が出てきました。


やはり、高カロリーなものを食べるのは男の僕でもけっこうな罪悪感が残ります。
しかしそれだと、食事を心から楽しめないことがあるんですよねえ、。

日々運動をしていれば「これくらいならすぐに消費できる」と思えるので、全く躊躇がないです。
特に朝運動すると、その日ずっと楽です!なに食べてもOKみたいな笑。

子どもの運動会で活躍したい

これはまた方向性が変わってきました。


ぼくはずっと、「かっこいいお父さん」というのに憧れがありまして、その一つの形として「運動会で活躍するお父さん」が目標になっています。

親子競技や父兄種目があれば、ぜひ参加して他のお父さんを圧倒したいです笑。


頑張りすぎて途中で足がつったり転んでしまうのも楽しいですが、それはしばらくお預け。しばらくはかっこいいお父さんをやらせてもらいます。

いつになるか分かりませんが、いつか来るかもしれないその日まで体を鍛えておきます!

まとめ

こうして書き出してみると、思ったよりも多くの『走る理由』が見つかりました。


そのどれもが、『体と心の健康』に関するものだと言ってよいでしょう。
楽しいのも、なんでも躊躇なく食べられるのも、結局は心の健康につながります。

ランニングに限らず全ての運動は、多くの意味での『健康』を得られるので、本当におすすめです。

お年玉2

明けましておめでとうございます!
早いもので2017年も終わり、2018年がやってきました。 

今年もより多くの人に価値のあるものをお届けできるように精進していきたいと思います。
何卒よろしくお願いいたします。

お年玉は仮想通貨に

さて、お正月と言えば私たち学生にはとても嬉しいイベントがあります。そう、お年玉。

僕はいま大学3年生なのですが、ありがたいことにまだお年玉をいただいております。。
お年玉の楽しみと言えば使い道を考えること。ある年は洋服を買ったり、ある年はゲームを買ったり。毎年なにに使おうか、うきうきしながら考えていました。

でも、最近思うようになりました。せっかくもらったものを、一時的な楽しみのために使っていいのか?いつもと同じような使い方をしてていいのか?と。

お年玉はいわばボーナス。普段の収入にプラスしてもらえるものです。どうせならもっと冒険的に使ってもいいと思うんです。

そこで僕は、最近はまっている仮想通貨に全て突っ込むことにしました。もらったお年玉全てです。「投資は余剰資金で」とよく言われますが、お年玉はまさにそれに当てはまりますからね!

お金による遊び

2018年はお金でもっと遊んでいきたいと思っています。遊ぶと言ってもレジャーに行ったり好きなものを買ったりするわけではありません。


もっと冒険をしていきたいということです。
僕が定義するお金による冒険とは、「今まで使っていなかったものに積極的にお金をつぎ込んでいく」ということです。

仮想通貨はまさにその筆頭で、いつ価値が下落するか誰にも分かりません。それでもお金を突っ込んでいくのです。

また、他に考えているお金による冒険は、他人のためにお金を使う新しいことに積極的に手を出すなどが挙げられます。

他人のためにお金を使う

他人のためにお金を使ってきます。食事をおごることもそうですが、友人が開くイベントに参加したり、作ったものを購入することを考えています。


たとえば、友人になにかの依頼することってあると思うんです。絵をかいてもらったり、写真を撮ってもらったり。
友人だからといって無償でやってもらうことが当たり前のように思いがちですが、こういうことにお金を払っていきたいと思っています。

要するに、他人の価値を積極的に認めていきたいという思いです。他人が生み出したことの価値を認めることで、自分の中の価値観をもっと広めていきたいです。そして自分の価値を高めていきたいです。

新しいことをする

昨年は、仮想通貨というものに初めて手を出しました。それまでなんとなく存在は知っていましたが、怪しいと思って全く調べることもしていなかったものです。

もっと早めに買っていれば今ごろ億万長者になっていた可能性もあります笑。

今後はこのような機会の損失がないよう、新しいこと、少しでも気になったものにはとりあえず手を出します。なるべくなら多少の金銭を払って。

余剰資金が必要

今はお年玉という余剰資金があるので仮想通貨も買えますが、これは年に一度だけ入ってくる特別なお金です。これからは、自分自身で余剰資金を作り出す必要があります。

お金を冒険的に使うためには、いずれの場合も余ったお金でやることが前提になってきます。そのため、無駄な飲み会や買い物をなくして、どんどん冒険に資金を流していきたいと思います!

↑このページのトップヘ