近所のミニストップに、チーズハットグを食べに行った。

「近所」といっても「いちばん近い」という意味であって、決して「近くにある」のではない。
自転車で10分くらいかかってしまう。

CC6EDE2B-0A29-43B0-B637-CCB6EDC0EC10
チーズハットグとは、棒にささった揚げ物のことだ。
韓国で大流行の食べ物(たぶん)だ。たぶん。

3CEFED6A-1D48-4849-82AE-9137823C9040
中にはチーズが入っており、食べ進めていくとソーセージが現れる。
美味しすぎてソーセージの写真は撮り忘れたので、ご自分で画像検索などしていただきたい。

税込み237円と、そこそこ高いので普段はまず食べないが、メルペイでクーポンを配布していたので食べてみた。

1D297E7C-DC0A-4831-90B4-DDD04338454F
「安いから食べる」という姿勢は褒められたのものではないが、仕方ないじゃない。
人間の性だもの。



僕自身、ミニストップにはかなり久しぶりに行った。
自転車で10分くらいかかるため、わざわざ行かないからだ。

店内に入ると、とあることに気がついた。
商品のレイアウトがかなり変なのだ。

実際に見てもらうのが早いだろう。

BD69034D-8F4E-4E40-8CBB-F87171FC185E

Melty kissの隣に、そばが並んでいる。

和洋折衷が独特すぎる。

9B3DACB1-8859-4428-8AD4-D97D02F0AC69
お菓子コーナー全体を見てもやっぱりおかしい。

バームロールやCHOICEといったレジェンドお菓子たちの下に、調味料という配置。

店内が狭いからこその工夫なのだろうが、つい笑ってしまった。草である。



普段いかないコンビニに行ったら、ぜひ店内のレイアウトを見てほしい。

なにかしらの発見があるかもしれない。