人間が酔うのは、お酒を飲んだときだけじゃない。 

辛いものを食べたときにも、人は酔えるのだ。

というのも、俺は先日インドに行き、辛いものをこれでもかというくらい食べまくっていた。

その一方で、お酒は一滴も飲まなかった。そもそもお酒を販売している場所が少ないのだ。宗教の戒律だろう。

アルコールを1mlも摂取していないのに、俺はインド滞在中、酔いまくっていた。

「インドに来た」という高揚感もあるだろうが、本質はそっちではない気がしている。

辛いものを食べることで全身の毛穴という毛穴がかっ開き、脳汁が溢れ出てきて、酔ったような気持ちになるのだ。快楽。

アルコールは必要ない。人間は自らの脳内物質で酔うことができる。なんとコスパのいいことか。