夜行バスや長距離バスに乗ると、 休憩で寄るのがサービスエリアだ。

個人的にサービスエリアはとても好き。
なんかめちゃめちゃワクワクさせてくれるし、なにを買っても許される雰囲気があるからだ。
(クレミアのソフトクリーム食べちゃうよね。実はどこにでもあるんだけど)

でも、サービスエリアにおいて一つだけ不安というか、心配事が毎回でてくる。


それは、乗っているバスの場所が分からなくなることだ。


人生において、すんなりバスに戻れたためしがない。

高速道路が上り線と下り線に分かれていたり、同じようなバスがいっぱいあったり、やけに広かったり、迷う要因が多すぎる。

サービスエリアは、ラビリンス。

最近は、乗っているバスのナンバーを確認したり、帰り方を頭の中でデモンストレーションしてからトイレなどに行くようにしている。
だから本気で休めない。



旅行者をワクワクさせ、二度と帰れないようにする。
そんなネバーランドみたいな場所。