電車内におけるマナー違反選手権があったらおそらくベスト5くらいには入るだろう行為が、イヤホンからの音漏れだ。

音漏れさせている人間がいようものなら、電車内の空気は一気に張り詰めた感じになる。

誰も指摘はしないし触れもしないのだが、完全に意識は音漏れ野郎に向いているのが分かる。 

途端に車内は、「音漏れさせているやつ」と「それ以外の人間」の2種類に分断されるのだ。

あからさまに不機嫌な顔をする人、さりげなく遠のく人、変わらずスマホをいじり続ける人など、周りの反応は様々。

そんな中に1人、音漏れ野郎にあえて近づく人間がいるではないか。


なにを隠そう、僕だ。


そう俺は、他人の音漏れが嫌いじゃない。
なんなら、なにを聞いているのか気になって耳をすませてしまうくらいだ。

音漏れさせている人がいたらさりげなく近づいて、一人イントロクイズ大会が開催される。

「これは、、Perfume!?趣味が合いそう話かけたい。。」
「めっちゃハードなロック聴いてんな。。大人しそうだけど実は本性が激しいタイプの人か。。」

など、音漏れさせている人の性格を勝手に予想するくらいだ。



他人の音漏れは日常にひそむ小さな娯楽なのだから、感謝さえしたい。

もはや音漏れというより、音楽のおすそ分けだ。
好きな音楽をシェアしてくれている。

シェアリングエコノミー、ここにあり。

ぜひあなたも、音楽をシェアしていこう。



あ、ちなみに、夜行バスで音漏れさせている人間は断固として許さない。
安らかな眠りを妨げるやつは論外。本当にやめてほしい。