E1A48336-D265-4B88-9766-0C65F0A136AE

どうも、無人島が欲しいと思っているみねです。


欲しい欲しい言ってたら、ステキな機会がめぐってきました。
なんと、無人島でキャンプが開催されるというではないですか! 

和歌山県にある『地ノ島』という無人島でキャンプをするという情報を聞きつけて、迷わず応募しました。


地ノ島を開発する人たち

015DF9AF-C85A-4A38-9DBD-9FBE82F3A03F

実は日本には、無人島を開発している人たち(会社)がいます。

無人島なんて誰が開発してるの?と思いますよね。

今回のキャンプは、株式会社ジョブライブという会社が運営する無人島プロジェクトの企画の一つになるのです。

当プロジェクトではオンラインサロンのメンバーを募集しており、サロンメンバーになると「無人島の開発」に携われるようになるという仕組み。

なお、サロンに入らなくてもキャンプに参加することはできます。
現に、僕はサロンに所属してないです。

本気で無人島開発にコミットしたいならばサロンに入ることをおすすめします〜。

オンラインサロンはこちらから。


地ノ島とは?

80EE88E7-B3A4-4AC9-AF24-141CDFCE7494

前述した無人島プロジェクトは、日本中の島を開発していく予定らしいですが、現在ちからを入れているのは和歌山県にある『地ノ島』。

地ノ島の魅力をざっくりと紹介。

  • 面積はディズニーランドの半分ほど
  • 港から船で10分弱
  • 港はJR初島駅から徒歩で10分ちょっと
  • 白い砂浜とキレイな海

  • 要するに、アクセス抜群で、海がめっちゃキレイということ!

    9572F090-90FA-425E-A34A-500CAD7C66DF
    これですよ。ザ・バカンス。

    こんな素晴らしい場所を自由に使っていけるなんて、最高すぎます。


    地ノ島でキャンプをする!

    実際に僕らがキャンプをしたのは、4/6〜4/7の一泊二日。

    たった一泊とは思えないほど、濃密で楽しい時間となりました。

    03C09E75-EC7A-4BAB-A3CD-1C4B47E13235
    初島港から船10分くらい揺られると地ノ島に着きます。
    このときテンションは最高潮。

    09BE0718-9C8E-4B11-80BF-E82A2014CFE4
    島に到着すると、まずは海のキレイさにたまげました。
    関東じゃまず見られない。

    84BC7679-08EC-4DA3-AC9A-2CC4BED47673
    今回は一応、無人島でお花見ということでしたので、しっかり桜も堪能しました。

    8449CFE0-D615-4387-BDED-A57D134BC4FA
    お手製燻製機をつくったり、
    2D1C6B86-EF17-40FC-8AFF-587F1936E30F
    空き缶でお米を炊いたり。
    サバイバル術も学べるのが無人島キャンプのいいところ。

    だって、持ち込んだもの以外は何もないですからね。笑

    1065142C-8EF1-413A-ABBA-919F8C4949A8
    夜は花火をしたり。(焚き火ではないです)


    自然に囲まれながら最高の体験ができました。。


    次はGW。地ノ島キャンプに参加しよう

    01F4A1C6-28C5-4240-93F2-AE16D2E2AD19

    これからは2ヶ月に一回くらいのペースでキャンプをしていきたいということですので、ぜひ参加してみてください!

    もちろん、誰でもウェルカムです。


    ちなみに次のイベントは、ゴールデンウィークに開催される『無人島万博』になります。

    無人島万博はすでに定員に達してしまったようなので、また次に開かれるイベントを要チェックです!

    地ノ島や無人島プロジェクトについてはこちらから!