ED0436F9-4BCA-44FA-828C-3A196B210A54

どうも。先日、iPhoneを失くしたみねです、、

結論から言うと、無事に次の日に見つけることができました。
それは、iPhoneに標準搭載されている『iPhoneを探す』という機能を使ったおかげです。 

今回は、僕と同じようにiPhoneを失くして困っているという方に向けて、『iPhoneを探す』を使った探し方をお伝えしていきます!







『iPhoneを探す』とは?

『iPhoneを探す』とは、Appleが提供している位置情報サービスのことです。

基本的に、iPhoneやiPadには標準搭載されています。

CDAFA9F9-377E-4E10-89A9-682FE246CF79

自分のiPhoneが今どこにあるのか、地図上に示してくれます。

僕が使ったときは、位置の誤差はほとんどありませんでした。

73C90256-B2D8-4850-ADAB-A714BA4BD2B8

これは僕が実際に使ったときの地図表示です。
赤丸で示したところに、iPhoneがあることが分かります。

他の人のiPhoneを借りても探せますし、他社のスマートフォンやパソコンからでも探すことができるので便利です。

https://www.icloud.com/ipad_welcome/
こちらからアクセスし、自分のicloudのIDやパスワードを入力することで、『iPhoneを探す』が使えるようになります。


『iPhoneを探す』の使い方

では次は、実際の使い方を紹介していきます!

『iPhoneを探す』をオンにする

FullSizeRender

これは、iPhoneを失くす前に設定しておかなければならないことですが、『iPhoneを探す』をオンにしておいてください。

オンにしておかないと、位置情報が送られないため、いざというときに探すことができないんです。

万が一の自体に備えて、常にオンにしておくのが吉です。

しかし、たとえオンにしていたとしても、充電が無くなると位置情報は送信されなくなるので、機能は使えなくなります。


他のデバイスで『iPhoneを探す』起動

例えば友人のiPhone、自分のパソコン、家族のスマートフォンなど、どれでも良いので、『iPhoneを探す』を使わせてもらいましょう。

iPhoneなら標準アプリ、WindowsパソコンやAndroidスマホなら、ブラウザから起動できます。


サウンドを再生

D88EDC57-32A7-4AD0-B095-DEA283120AB6

『iPhoneを探す』は、iPhoneの場所を特定する以外にも便利な機能が3つあります。

「サウンドを再生」「紛失モード」「iPhoneを消去」です。

サウンドを再生は、失くしたiPhoneから音を出すことができる機能です。

iPhoneの位置が近くなったところで音を出すことにより、より具体的な場所を把握できるようになります。

サウンドはものすごく大きいので、使う際には場所や時間に気をつけましょう。。笑


紛失モード

4282883A-B994-4295-9BC9-2AFDDABAF106

2つ目の機能は、紛失モードと呼ばれるものです。

紛失モードをオンにすることで、失くしたiPhoneにロックをかけることができます。

さらに、iPhoneのロック画面にメッセージを表示させることも可能です。

例えば「拾った方はこの電話番号までお願いします」などというメッセージと家の電話番号を表示させれば、拾った人から連絡が来るかもしれません。


iPhoneを消去

0465A8A5-9A58-407B-922D-F4CDC721FE26

これは、失くしたiPhoneのデータを全て消すことができる機能です。

盗難されたiPhoneを悪用されたくない、などという場合に使う最終手段といえます。


iPhoneを落としたときの心得

D9C0677F-383E-4232-B5DA-93177AF2CEC7

今回はiPhoneを落としたときなどに使える『iPhoneを探す』という機能を紹介しました。

でも実際に紛失した場合は、他にもやれることはあります。

心当たりのある場所に連絡する

まず第一に、通った場所や行ったお店などに連絡を取りましょう。

親切な人が届けてくれてるかもしれません。


交番や警察署に紛失届けを出す

ケータイのように高価なものなら、交番や警察署に届けられているかもしれません。

なお、「紛失届け」というものを提出すると、誰かが届けてくれた際、自分に連絡がきます。


iPhoneを失くしても冷静に

0D40C32D-1BDA-4B9A-A9C7-89BA9C9142DE

iPhoneを失くしたら、冷静になって、早急に行動することが求められます。

なぜなら、時間が経てばiPhoneの充電はなくなっていくし、悪用される可能性も高くなるからです。

とにかく冷静になり、失くした日の行動をよく思い出して、心当たりのある場所を巡ってみてください。

『iPhoneを探す』を使い場所さえ分かってしまえば、自分の足で取りに行くことも可能です。
(盗難された場合は、自分で取り返しに行くのは危険です)

いざとなったら、ぜひ『iPhoneを探す』を使ってみてくださいね!