無題

最近ぼくは、日野市や町田市で援農(縁農)をしています。

援農とは、農家さんのお手伝いをすることです。
援助農業ってことですわな。

それに対して縁農とは、ただ農業のお手伝いをするだけでなく、そこで縁をつなぐ、つまり人と人との交流をはかろうという考え方です。

縁農はとある人の造語ではあるんですが、ぼくはこの考え方がすごく好きです。

ということで、今後は縁農という呼び方で統一していきますね。


日野市(パイロットファーム)

FullSizeRender

この日は日野市のパイロットファームさんで縁農。
アスパラ畑の片づけをお手伝いしました。

東京も多摩地区になると畑とか多くなっていいですね。


町田市(bamboo village farm)

FullSizeRender

これは町田市のbamboo village farmさんで里いも堀りのお手伝いをしている様子。

掘るのはまあ楽しかったのですが、里いもの分解が大変でした、、

FullSizeRender

というもの、里いもは何個も固まった状態で収穫されるんです。

それをスーパーに並んでいるように一個一個手で分解していくという作業。

ひと玉で売られている里いもしか知らなかったんですが、その状態になるまでの過程がこんなに大変だとは思いもしませんでした。

裏側を知るっておもしろいし大事だなあと。


縁農でつながる縁

縁農って要するにボランティア、無償労働です。
自給換算すれば赤字も赤字。それはよく分かっています。

でも、ここで農家さんとつながることは決して無駄じゃないと思うのです。

いつか自分が農業を始めたときに同じように誰かに手伝ってもらうかもしれませんし、こういう縁や恩が巡り巡って誰かのためになればいいなと思う次第です。