立川ラララ

立川の少しはずれにある柴崎体育館駅から徒歩1分。
そこに、『LaLaLa』という超ディープなイベントスペースがあります。

先日はじめてその存在を知ったのですが、その雰囲気や集まる人たちに速攻で惚れてしまいました。

FullSizeRender
これが外装。初めて入る人は躊躇してしまうでしょうこの感じ。笑

FullSizeRender
FullSizeRender
FullSizeRender
中に入ると、仲宗根浩さんという方が制作された作品がところ狭しと並べられています。
これらすべて、新聞紙と和紙でできているというのです。すごすぎる。。

コンサート

ぼくがこの日に行ったのは、とあるライブコンサートに参加するためでした。

そのアーティストというのは『てぃんさぐプロジェクト』というユニットです。

てぃんさぐ
写真はこちらより引用

日本人の小里明子さんと、イタリア人のヴァルテル・ルーピさんの2人で組んでいるユニットで、イタリアと日本の文化交流をめざして活動しています。

日本の民謡をイタリア人のルーピさんが編曲したり、イタリアのナポリ民謡を披露したりと、国の垣根をこえたコラボレーションが魅力です。

”てぃんさぐ”というのは、沖縄の方言でホウセンカという植物の名前です。

FullSizeRender
これは実際のライブの一コマ。
展示されている仮面をかぶっています。笑

FullSizeRender
ライブがよすぎてCDまで買ってしまいました。。しかもサインまで書いていただくという。


日本は同じ国の中でも、北から南まで文化や風習はさまざまです。

そんな国だからこそ、その土地土地の音楽にもいろんな背景があり、いろんな意味がこめられているんです。そのひとつが民謡です。

その土地に思いを馳せながら、民謡を聴く。こんな贅沢なことはありません。

たまには日本の伝統文化、民謡にふれてみるのもすごくいい体験だと感じました。

そんな機会をくれたLaLaLaに感謝です。