無題

京都の出町に、タダで料理を食べさせてくれるお店があるのを知っていますか?

その店とは『餃子の王将』

 王将といえば、おそらく多くのひとが一度は行ったことのある有名チェーン店ですが、京都は出町にある王将は一風変わったサービスをしております。

それは、「30分の皿洗いをすれば、ご飯代をタダにしてもらえる」というもの。
学生限定ですが、定食ならなんでも選べて、大盛にもしてくれるという太っ腹具合。

この出町店ではなぜこのようなサービスをおこなっているのか?真相をたしかめるために、実際にお店で皿洗いをしてきました!

たらふく食べても無料

FullSizeRender
ぼくが行ったのは平日の夜。
カウンター席には2~3組のお客さんが食事をしていました。

店に入るや否や、緊張しながらぼくは言いました。
「あの、お皿洗いをさせてもらいたいんですけど、、」

対応してくれた男性は(あとで知ったけど店主の方でした)、特に驚く様子もなく席に通してくれて、メニューを渡してくれます。噂どおり、定食ならなんでも選んでいいとのこと。

ぼくは迷わず餃子定食(2人前)にして、ご飯も大盛でお願いしました。

FullSizeRender
餃子だけでなく唐揚げやサラダもついた想像以上にボリューミーな定食。
皿洗いをするとはいえ、タダで食べさせてもらうには少し申し訳なく思うくらいの量です。

お腹が減っていたので一目散に掻きこみ、あっという間に食べ終わってしまいました。
量もさることながら、味もすごく美味しかったです。。これぞ王将。


そしていよいよ皿洗いが始まります。
その場で調理用の白衣を着て、たまったお皿を黙々と洗っていきます。

そんなタイミングで、学生が入店してきました。
その方もどうやら、皿洗いをしてタダで食べさせてもらいに来たようす。

30分経って皿洗いをその方に引き継ぎ、お店の方々に感謝を伝えてお店をあとにしました。

店主の心意気

そもそも、なぜこのお店では皿洗いでタダ飯を食べさせてくれるのでしょうか?

それは、近所に大学が多く、お客さんにお金のない学生が多いからだと思われます。

お金がなくてまともにご飯も食べられない若者が少しでも減るように、このようなサービスを実施しているのです。

この店主の心意気、人柄に惹かれて、学生以外のファンもたくさんいることがうかがえます。
店内の雰囲気もすごくアットホームで、決してきれいとは言えないけれど、居心地がいいことはたしかでした。

大学を卒業しても、京都に来たら絶対にまた来ます。


お腹だけでなく心も満たせる王将は、日本中を探してもここくらいのものじゃないでしょうか?

年齢とか関係なく、機会があったらぜひ一度いってみてください。
そして、店主の心意気を感じてみてくださいな。