シェアハウス

人生で初めてシェアハウスをしております。みねちゃんです。

関連記事:【下鴨のアオイエでシェアハウス】なんでも共有し、コミュニケーションの機会を増やすことの楽しさを知る。

環境にも人にもだいぶ慣れてきて、シェアハウスのいいところが見えてきた今日この頃であります。

そこで今回は、シェアハウスのメリットをランキングにして5つ紹介していきたいと思います。これからシェアハウスしようと考えている方のきっかけになれば嬉しいです!

シェアハウスのいいところ5選

ではいきます!

第5位:自分のことをちゃんとできるようになる

ぼくのようにずっと実家で暮らしていた人間にとっては、家に親がいないというだけで生活が大変になるんです(実家で甘えてる自分が悪い)。

とはいえ、一人暮らしも自分でやらなきゃいけないことは多いですが、他人の目がないと堕落してしまうのが人間というものです。笑

共同生活という場だからこそ、自分のこと、家のことをしっかりとやる意識が強くなります。


第4位:他人の気持ちを考えるようになる

シェアハウスという共同生活では、他人と暮らすことになるわけです。

家族という慣れ親しんだ人よりもはるかに気を遣いますし、住んでいる人のことを考えるようになります。

気を遣いすぎるのはかえって距離ができてしまい疲れますが、相手のペースや生活を考える機会は明らかに増えますね。


第3位:良い意味でルーズになる

いろんな価値観、生活習慣、速度をもった人たちと暮らすことになりますので、ときには自分とは合わないこともでてきます。

最初はそれをストレスに感じたり面倒なこともあるかもしれませんが、だんだんと慣れてきます。慣れると、いろいろどうでもよくなります。笑

ルーズになるとは言い換えれば、自分のムダなこだわりが無くなるとも言えるかもしれません。
これ意外と大事。


第2位:交流の幅が広がる

これはシェアハウスの状況にもよりますが、ぼくは初対面の人たちと7人で住んでいます。

完全にアウェイ空間に飛びこんだわけですので、それはそれはおもしろい出会いがあります。

そっから広がる人脈もあるわけで、異質な人とのつながりがめちゃめちゃ増えていきます。まじで


第1位:知らない世界を知れる

仕事も専門も分野も違う、あらゆる背景をもった人が集まるシェアハウスでは、みんなの話を聞くのはとても刺激的です。

ちんぷんかんぷんな話も多いですが(笑)、異分野の世界のことは聞いてるだけで楽しいんですよね~。

ポイントは、全く縁もゆかりもない場を選ぶことです。人間は同質なものを求めがちですので、あえて縁のない地に飛びこみたいものです。

やらなきゃ分からない

ぼくは普通に実家で生きてきて、シェアハウスなんてありえないと思っていました。

だって他人と暮らすのなんてストレスだし、自分の時間がもてないと思っていたからです。


でも、何事もやってみなきゃ分からない。


勢いにまかせて実際にシェアハウスしてみると、想像以上の良さがありました。他人と分け合うことの楽しさ、幸福感て半端じゃないんです。

逆にデメリット見えてきたらまた記事にします。笑


いまの環境に悩んでいる人、なにか行動を起こしたい人は、とりあえずシェアハウスしてみることをおすすめします。

強制的に周りの環境や人を変えられるので、自分の価値観もきっと変化します。
そして、人生を決定づけるような出会いが生まれるかもしれません。