アオイエ

シェアハウス、始めました。

10月の終わりごろから、京都の下鴨でシェアハウスを始めました。
その名も『アオイエ』というコミュニティハウスです。

東京に7拠点、京都に3拠点あるんですが、おもしろい人たちがたくさんいて楽しすぎます。。

それもそのはず、近くに大学がたくさんあるので住んでるのもほとんど学生で、京大生や大学院生など、東京に住んでいては出会えない人と交流することができます。

会話のレベルが高すぎてついていけないことも多々ありますが(笑)、毎日楽しくやっております。

所有から共有へ

シェアリングエコノミーが社会に浸透してきている現代において、シェアハウスも一つの選択として取り入れる人が増えてきています。

実際にシェアハウスしていて思うのは、「ものを共有することは楽しい」ということです。

どうせ家に住むなら、どうせ車を運転するなら、どうせ服を着るなら、みんなで使ったほうがハッピーだし楽しいということに気づきました。

なぜなら、みんなで使う過程でコミュニケーションが生まれるから。そして感謝やが思いが巡るから。

車でも家でも、自分のものとして所有しているだけでは「使用するもの」としての価値しか持ちません。

でもみんなで使えば、それは交流するためのツールになるんです。

どんどんものをシェアして、人と人がふれあう機会を増やしていくことに価値があります。

迷ったら飛び出せ

ぼくはずっと東京で実家暮らしをしていて、シェアハウスなんてありえない、と思っていました。

けっこう潔癖なところがあるし、他人と暮らすのはストレスが大きいと思っていたから。

でも実際にやってみると、そんなものどうでもよくなってきます。笑
ストレスよりも刺激や発見のほうが大きいんです。


いまこれを読んでいるあなたも、自分の環境を変えたいとか人脈を広げたいとか思っているかもしれません。

そしたらぜひ、いまの家を飛び出して冒険をしてみてください。考えていては分からないこと、飛び出さないと見えてこないものがありますから。

東京や京都ならアオイエでのシェアハウスも候補に入れて、いつでも遊びにきてください!一か月とかの短期滞在も受け入れていますので!

アオイエについてはこちらから!


では、人生という冒険を楽しんでください~!