ヒッチハイク

この夏、ぼくは大阪→福岡名古屋→東京までヒッチハイクで旅をしておりました。
関連記事:大阪から福岡までヒッチハイクした感想と、そのルートやコツを紹介するよ!
関連記事:名古屋から東京までヒッチハイクする際の注意点、場所、ポイントをご紹介! 


実は人生ではじめてのヒッチハイクだったのですが、今では本当にやってよかったと思っています。学生なら特に、やってみることをおすすめします。
今回はその理由を述べていきますね!

ヒッチハイクがいい理由

ヒッチハイクで旅をする人はいっぱいいますが、多くの人が同じようなメリットをあげていることが分かります。その中でも、ぼくが感じたメリット、おすすめする理由をあげていきます。

恥を捨てられる

サービスエリアや道端で、行き先を示したボードをかかげるのがヒッチハイクの定番スタイルです。
言わずもがな、たくさんの通行人や利用者にジロジロ見られたり、笑われたりします。

最初はめっちゃ恥ずかしい!!です!!!

全然乗せてもらえないわ、人に笑われるわで、本当に心折れます。絶望します。

でも、ある程度やっていると慣れるものでして、人に見られるのも楽しくなってくるんですよ!笑

自分の中の無駄な恥ずかしさやプライドみたいなものがぶち壊されて、殻を破ることができるんです。

人の温かみを感じる

ヒッチハイクをしていると、10台、20台と車にスルーされるのは当たり前です。

感覚でいうと、止まってくれるのは100台に1台くらいな気がします。。

だからこそ、乗せてくれた人への感謝、ありがたみはひときわ大きくなります。

しかも、乗せてくれる人はだいたいにおいて、ヒッチハイカーに対してすごい優しいんです。乗せてくた上にご飯をおごってくれたり、お土産をくれたり、泣きそうになるくらい良くしてくれるんです。

普段の生活では決して感じられない『人の温かみ』をひしひしと感じることができます。

自分の無力さを知る

これは本当に強く感じます。
自分ひとりじゃ移動すらできないって状況の中で、自分の無力さをまざまざと感じさせられます。

ヒッチハイクをすると、自分がすごい人になったような気がすると思うかもしれませんが、むしろ逆なんです。
たくさん無視されて、絶望して、自分がいかにちっぽけで無力であるかを感じさせられるのが、ヒッチハイクというものなんです。

だからこそ、頼ることの大切さを身をもって知ることができます。

まとめ

さあ、ぼくなりのヒッチハイクのメリット、感想を述べていきました。

もし興味があるのなら、今すぐにでもやることをおすすめします。
別になんの準備もいらないんですから。

とはいっても、女性が一人でやる場合はかなり慎重に、できれば二人でやるほうがいいかもしれませんが、、

また、年をとっていてもヒッチハイクはできますが、やはり若者がやるものというイメージはありますよね。
だから若いうちにやるほうが乗せてもらいやすいかもしれません。

とにかく今すぐやりましょう。価値観が変わりますし、なにより楽しいから!