無題

先日、名古屋から東京までヒッチハイクで行ったんです。

というのも、夏休みだし全国を周ろうと思い立ち、東京→大阪まで新幹線、大阪→福岡までヒッチハイク、福岡→名古屋まで飛行機、そして名古屋→東京までヒッチハイクで帰る旅を決行したんですよ。
関連記事:大阪から福岡までヒッチハイクした感想と、そのルートやコツを紹介するよ!


そしたらですね、名古屋でのヒッチハイクがめちゃめちゃ難しかった。。。!

「名古屋人は県民性的に、他人を車に乗せない」みたいなうわさは聞いていたんですが、本当にその通りだったのか、はたまたぼくのやり方が悪かったのかは分かりませんが、とにかく名古屋のヒッチハイクは大苦戦でした。

苦戦したからこそ分かる注意点などをお話ししていきますので、どうぞご参考にしてください。。

所要時間

では初めに、結果としてぼくがどれくらいの時間を要したのかをお話しします。

【8月17日】
14時00分 名古屋でヒッチハイク開始
14時30分 名古屋市内で移動する方に乗せてもらう
15時00分 本郷インターチェンジ到着
20時00分 車がつかまらず退散
22時00分 刈谷PA到着(本郷駅から電車と徒歩)
【8月18日】
1時00分  車がつかまらず刈谷PAで野宿
5時00分  起床&ヒッチハイク開始
7時00分  東京にいく車に乗せてもらい、帰宅

、、、どうですか?8月17日の昼にヒッチハイクを開始し、東京行きに乗せてもらえたのは翌日の朝です、、

見ればわかる通り、名古屋のスタート地点ではすぐに乗せてもらえたんです。
それで今回は余裕だなあと思っていたら、降ろしてもらったところがまさかの本郷インターチェンジ。

そうなんです。この本郷インターチェンジってところはヒッチハイクの難所として有名でして、ぼくもなるべくなら避けて通りたいと思っていたんです。

FullSizeRender
この地図でもわかる通り、本郷インターをこえるとすぐに東名高速に入れるので、位置としては理想的なんです。が、ヒッチハイクできるような場所がほとんどないんです。つまり、車が止まれるような場所がないんですよ。

この魔のインターチェンジに阻まれ、5時間粘りましたが結局つかまらずに退散することに。

電車と徒歩で刈谷PAという大きめのパーキングエリアに移動したわけです。

名古屋でヒッチハイクするならどこ?

では名古屋でヒッチハイクをするのは無謀なのか?いえいえ、決してそんなことはありません。

事実、ぼくは名古屋市街地のスタート地点では30分で乗せてもらうことができています。
その後、本郷インターで降ろしてもらわなければ順調にいっていたかもしれません。

ではその市街地とはどこなのか。それは名古屋駅前、西郷公園西という交差点です。

FullSizeRender
ここが何でいいかというと、名古屋高速に入る手前の交差点だからです。
しかも、交差点ということで止まっている車にアプローチすることができます。

ぼくは右から来る車が信号待ちしているところを狙っていき、30分で乗せてもらうことができたのです。

ここで東京方面にいく車をつかまえて、途中の大きなPAとかで降ろしてもらえばこっちのもんです。笑

名古屋でヒッチハイクをしようとしてる人は、この西郷公園西という交差点を参考にしてみてください。

ちなみにこの西郷公園西という交差点は、こちらの記事を見て知りました。ありがたい限りです。。

まとめ

さて、今回は名古屋から東京にヒッチハイクで行くときのポイントを説明させてもらいました。

よほど自信がある方でないと、本郷インターチェンジはおすすめできません。

それよりも、市街地から攻めていきましょう。おすすめは西郷公園西の交差点です。


もちろんもっといい場所はあるかもしれませんので、自分なりに探してみるのも楽しいかもしれません。

ヒッチハイクは本当に立つ場所選びが大切なので、ここの選択は妥協せずに。
あなたのヒッチハイクがうまくいくことを祈っています!ではお気をつけて!