海辺

今年で8回目の開催となる関西虫食いフェスティバルが、2018年8月12日に開催されました!
ぼくは今回、初参加したわけですが、それはそれは楽しいイベントでしたので参加レポートとしてブログに残しておきたいと思います。

今後も9回、10回と開催していくということなので、興味ある方は来年以降にぜひ参加してみてください!

数年前のレポート記事があがっていたのでよかったら読んでみてください。

関西虫食いフェスティバルとは?

ではまず、そもそも関西虫食いフェスティバルとはなんなのかということを説明していきます。

冒頭で、今年で8回目といいましたので、2011年から開催されているイベントということになります。昆虫食イベントはいろいろありますが、こんなに歴史があるのはすごいですね~。

主催者は、昆虫エネルギー研究所というNPO法人の代表をつとめられている佐藤裕一さんという方。

佐藤さんは2009年ごろから昆虫食に目覚めたということで、それ以降、精力的に昆虫食の普及のために活動をされています。

それ以前からタイやラオスなどを転々としており、昆虫食に関しては当たり前のように接していたらしいです。
それが、とあるきっかけで昆虫食が注目されていることを知り、その可能性にかけてみようと思ったと言います。ものすごい直感と行動力の人です。。

当日の進行

では実際に、当日はどんな感じでイベントが進行していったのかをお話していきます!
ざっくりとした流れはこちら↓↓↓
FullSizeRender
これでわかる通り、『講演→セミとり→試食』という流れでした。

FullSizeRender
講演場所はこちら。

兵庫県伊丹市にあるスワンホールというところの一室です。
かなり広くて、60~70名のお客さんを収容していました。すごい集客力。

FullSizeRender
部屋のうしろではシルク醤油の販売をしておりました。
シルク醤油とは蚕をつかった醤油のことで、味見しましたが、コクがあり美味しかったです。。

FullSizeRender
ほかには、本物の昆虫をつかったアクセサリーなども売っておりました。
すごい綺麗でしたね。。どうやって作っているのかしら。


そして講演が終わったら近くの公園に移動して、みんなでセミとりをします。

興味深いのが、関西にはクマゼミばかりが生息しているということ。。!
東京にはアブラゼミばかりでクマゼミなんてめったにお目にかかれないので、そんな地域差にとても驚きました。
そんなクマゼミの味のレポートはのちほど。。

いざ実食

さあセミとりも終わり、いよいよ実食の時間がきました。

FullSizeRender
こちらがメニュー表。圧巻のラインナップ。
さらに、なんと驚くことに、毎年メニューを変えているらしいです。。!

昆虫料理って前例が少ないので、この量のメニューを考えるのってかなり骨が折れると思います。

当然、試作もたくさんしたことでしょう。そんなことを想像すると、このイベントにかける熱い思いが伝わってきますよね。脱帽。

ではでは、一品ずつ感想を述べていきます。

ヨーロッパイエコオロギのサラダ

FullSizeRender
肝心のコオロギが見えにくいですが、カボチャとかに混ざってコオロギも潜んでいます。

コオロギがいい感じにフレークみたいになっていて美味しかったです。

カイコのチヂミ

FullSizeRender
これはカイコ感が少なかったので普通に?美味しかったです。笑

カイコはそのまま食べるとクセが強いので、こんな感じでうまく料理にマッチさせるのが正解ですね。

シロテンハナムグリのカシューナッツ炒め

FullSizeRender
シロテンハナムグリがなんなのかよく分かってませんが笑、この虫は若干、口に殻が残る感じがありました。

調理方法なのか虫のせいなのか分かりませんが、甲虫の調理は難しいですね。どうせならサクッといきたいですね。

カナブンせんべい

FullSizeRender
さきほどのハナムグリと違って、こちらはサクッと美味しくいただけました。

まじでスナックです。おつまみです。シンプルですが、今回いちばん好きな料理でした。。

セミマヨ

FullSizeRender
さあ、いよいよきましたクマゼミ。
関東にはあまりいないので、すごく楽しみ。

まずなにより、そのデカさです。アブラゼミの1.5倍くらいあるんじゃないかな?笑
食べ応え抜群です。

肝心の味はというと、アブラゼミとかと比べると少し硬くて、口に残る感じがありました。
アブラのほうが美味しいかなあ。

でも味つけがばっちりで、美味しかったです。

クマゼミ幼虫のラープ

FullSizeRender
そもそもラープてなんぞって感じだったんですが、かなり食べやすさはありました。

調べるとタイ料理らしくて、やはりこういうエスニック系の料理と合いますね。

アルゼンチンモリゴキブリのラタトゥイユ

FullSizeRender
ゴキブリと聞くとなかなか抵抗感があるかもしれませんが、アルゼンチンモリゴキブリは食用ですしカリっとしてて美味しいんですよね~。

このようにスープ系の料理もあって、非常にバランスがよかったです。

FullSizeRender
全部を並べるとこんな感じ。

色とりどりで美しいのと、どれも美味しかったのが本当にすごいと思います。

感想

講演、セミとり、試食と、一日を通して昆虫食にふれられるイベントって初めてなので、非常に楽しかったです。

東京からの参加は一人だったこともあり最初はアウェイかなと思ってたんですが、みなさん優しくて、初対面でも打ち解けてくださいました。

また、主催者の佐藤さんのご厚意で自宅に泊めていただき、イベント後もお世話になってしまいました。しかも2泊。。


正直、関西の昆虫食界隈のことはあまり知らなかったんですが、今回のイベントに参加してその勢力と活気に圧倒されました。まじで熱い人ばっかです。

別に関東、関西という構図で語る必要もないとは思いますが、ともに日本の昆虫食を盛り上げていければ最高ですよね。
ってことで、来年も絶対に参加したいと思います~!気になった方は一緒にいきましょ!

以上!第8回関西虫食いフェスティバルの感想レポートでした!