友だち

友だちはいらない。

ぼくがそう思い始めたのは最近のことでした。

もともと一人でいるのは好きで、一人でなにかするのも好きだったのですが、なんとなく友だちも作らなきゃいけないと思っていた自分がいました。
いろんな人と仲良くしていかなきゃな~と。


でも、それはまったくの幻想でした。
「友だちがいなきゃいけない」「みんなと仲良くしなきゃいけない」みたいな同調圧力、暗黙の了解、そういう価値観が当然のようにはびこっていますが、 それらはすべて嘘です。友だちはいらないんです。

もちろん、友だちが多くいて楽しい人生をおくっている人もたくさんいます。
それは素晴らしいことです。

でも、そういう人ばかりではない。一人のほうが楽しい人だっているんです。

友だちが多い人、少ない人、別にどっちが優れているとかいう話ではありません。ただの人間の特性でしかないのですから。

ぼく自身、友だちと遊んだりするのが嫌いなわけではなく、楽しく関わることもできます。ただ、一人でいるほうが好き、というだけです。

人間関係に疲れてしまうことが多い、という自分の性格が影響してもいます。


とにかく、「友だちが多いほうが楽しいしえらい」「他人と仲良く、空気をよんで協調性をもつべき」みたいな価値観はすてていきませんか?それで辟易しているひとはたくさんいるのです。

ぼくのように内向的で内省的な人間であっても生きやすいような、そんな社会にしていきたいと強く思います。