縫い目




ぼくは最近、服のリメイクをするようになりました。
そんなぼくが服を縫うようになって気にしはじめたのが、服の縫い目や素材です。

縫い目や素材というのは、他人にはあまり関係ない部分ですよね。
ひとめ見ただけではわからないわけですから。

でも、服の縫いかたにもいろいろあることを知ったり、素材によって針や糸を替えなければならないということを理解し、そういうところに目がいくようになったのです。


今まで既製服を買うときはデザインやブランドをおもに気にしていましたが、そういった見える部分よりも大切だなあと思うようになったのが、縫い目や素材といった服の見えない部分なんです。

おしゃれは我慢?

ファッションの話をするときによく聞く言葉があります。
それは、「おしゃれは我慢」です。

この言葉が意味するところはつまり、おしゃれのためなら着心地が悪かったり、痛みがともなうことも我慢する必要がある、という価値観です。

しかしぼくは、この考え方に否定的です。
なによりも大切なのは、自分の着心地や快適さだと思うようになったからです。

自分の健康を損なうような服や、ストレスになるような服を着てまでおしゃれを追求したくはありません。


これらのことは、服の縫い目や素材を気にするようになったことで感じるようになりました。

着心地のいい素材、丈夫な縫い目、こういうところを基準にして着る服を選んでいければと思います。