裁縫

「古着をリメイクして自分だけのオリジナルの服が着たい!」

ファッションが好きな人なら、こう思ったことある人も多いのではないでしょうか?
世界にひとつ、自分だけの服を着る、これってものすごく贅沢なことだと思うんですよね。

かくいうぼくも例にもれず、最近は古着などをリメイクすることにはまっているんです。

【関連記事】【靴を染める!】ダイロンのプレミアムダイを使った染色が最高な件
【関連記事】【古着をDIY】NIKEのTシャツをトートバッグにリメイク!


既製服を着ることに飽きた人は、ぜひ自分でリメイクしてみることをおすすめします。ほんとにメリットが多いので。。!



リメイク品のメリット

わざわざ既製服を切ったり縫ったりすることになんの意味があるのか?面倒くさいのに。

いやいやいや~~いいことばっかなんですよ!

世界にひとつのオリジナル服

まずなによりも、世界にひとつしかない服を着ることができます。当たり前ですよね、自分の想像力と工夫によってリメイクするわけですから、同じものはふたつとありません。

「人とかぶらない装いをしたい」「個性的でありたい」という人にもおすすめですね~。

サイズやデザインを自分好みに

古着を買う人はわかると思いますが、なかなか自分のサイズに合う服ってないんですよ。だいたい一点ものだし。
デザインはいいのにサイズが合わないことなんて日常茶飯事です。

でもでも自分でリメイクしてしまえば、サイズは自分の好きなように調整できます。

デザインだって、たとえばふたつの服を合体させることだってできるんです。センスしだいでめちゃめちゃかっこよくなると思うんですよね~。

販売できる可能性

古着リメイクに慣れ、ハンドメイド品のクオリティが上がれば、販売できる可能性だって大いにでてきます。たとえばメルカリBASEなどで。

【関連記事】【メルカリに出品!】売るときのポイントやコツ、注意点をあげていくよ。


ぼくもハンドメイド服や雑貨でお小遣い稼ぎをしようと思っています。ある程度、裁縫などがうまくなってからですが!笑

ファッションは生産活動になる

と、このように、服をリメイクしてオリジナルの服をつくることがいかに素晴らしいことか啓蒙してまいりました。

ぼくは古着リメイクを知ってから、さらにファッションが楽しくなりました。ただ服を買ってコーデを考えるというのももちろん楽しいのですが、自分で服をつくることは、買うよりはるかに楽しいです。


なにごとも、消費だけしていては楽しくなくなると思うんです。人間の消費欲には際限がないので、次から次へと新しいものがほしくなる。

そんな大量生産、大量消費へのアンチテーゼとして古着リメイクをしているというのも事実です。
この消費社会に終止符をうって、生産社会にしていきませんか?誰もが自ら生産し、それがぐるぐる循環していく社会です。


これからは、見栄をはるための消費とかストレス解消のための消費は時代遅れです。つくりだす人になったほうが絶対に楽しいと身をもって実感しております!