副業

ぼくはいま大学4年生なのですが、 就活はまったくやっておりません。というか、やめました。
なぜなら、副業で稼げるようになってから会社に入りたいと思っているからです。

【関連記事】就活をやめました。個人で生きるをはじめます。

では、なぜ副業で稼げるようになってから就職したいのか?それは、会社の収入だけに依存してしまうことは安定と言えないからです。

「会社をやめたら稼いでいけない」という状態では、たとえ会社が嫌になってもやめられないし、心のゆとりがなくなるからです。それだけは避けたい!



副業こそ本当の安定

会社を選ぶときによく言われるのが、「安定した企業に就職したい」ということですよね。

でもぼくが思うのは、安定した企業に入ったところで、自分が安定したことにはならない、ということです。
そもそも、この時代に本当に安定した企業なんてあるかもわからない。


ではぼくが思うほんとうの安定とはなにか。それは「自分の力で稼げるようになる」ということです。なにかに依存したり、所属してなければ得られない安定なんて意味がないと思う。


また、副業(複業)による会社以外の収入があることで、会社や上司にご機嫌伺いをしなくて済みます。つき合いで飲み会に参加したり、残業をしたりすることもなくなると思います。なぜなら「最悪、会社をやめてもいい」と思えるからです。

つき合いの時間をすべて自分の投資の時間にしたい。
そして会社も副業も両立させることこそ、最高の安定と言えるのではないでしょうか。