まいんどちゃねる

就職に悩み、個で生きる方法を模索しブログに出会う。 最近は昆虫食、メンズスカートにはまってます。

古着

ぼくは最近、古着の転売を始めました。
古着屋さんで古着を買って、ネットサイトで高く売るというシンプルなものです。だんだん副業と言えるくらいの収益がでてきました。

今回は古着転売をする際のポイントをまとめていきたいと思います。まだまだぼくも素人なので、自分のために思考を整理する意味もこめて。


お話しするポイントは、
・季節を先取りした服を選ぶ
・流行やブランドを抑えた服を選ぶ
・状態のいいものを選ぶ


です!参考になれば幸いです。


季節を先取りした服を選ぶ

服を買う人が求めているものとはなんでしょうか。それは、「いますぐ着たい服」か、「次の季節に着たい服」です。

たとえば、いま服の転売をしたいならば夏服を探すべきです。逆に冬物のコートを売ってもなかなか売れないでしょう。

出品してすぐに売れるとも限らないので、常に季節をひとつ先取りした服を売りましょう。


流行やブランドを抑えた服を選ぶ

洋服の転売がしたいならば、ある程度は服に詳しくなる必要があります。服のなにに詳しければいいのか、それは「流行」と「ブランド」です。

自分の趣味は捨てて、世間の流行を追いましょう。ファッション雑誌などを読んではやりを抑えましょう。
今だったら「総柄シャツ」や「アノラックパーカー」ですかね。。


もうひとつ大切なのはブランドです。人気ブランドならばすぐに売れます。ほんとに。
「NIKE」や「supreme」などはすぐに売れます。

時代を経ても根強い人気のあるブランドを選ぶことが大切です。

状態のいいものを選ぶ

さて、いくら季節感やブランドを抑えたからと言っても、傷や汚れがひどいものは売れないです。当たり前ですが。

ブランドがいいからと飛びつかずに、落ち着いて状態をチェックして吟味しましょう。


まとめ

今回は古着転売をする際のポイントをあげてみました。

服の転売のいいところは、自分が着たあとに売ることもできる点です。着飽きてしまった服を買った値段かそれ以上で売ることができれば、服にお金をかけることがなくなります。むしろ、買えば買うほど利益がでるなんてことも。


服が好きな人は、転売を始めてみることをおすすめします。趣味で収入を得ることも可能になるかもしれません。

ジェンダー

ぼくは男性ですがスカートを履きます。その理由は2つあります。

ひとつは純粋にファッションとしてかっこいいと思うから。そしてもうひとつは、ファッションをいかしてジェンダーの固定概念や抑圧をなくしたいから。です。

ジェンダーと服装っておおきく関連していて、世の中のジェンダーに対する意識は服装に現れるといえると思います。

だから逆に、服装の男女差をなくすことで、世の中のジェンダー規範へも影響をあたえられると思うのです。

服装とジェンダー

服装とジェンダーってすごく密接にかかわり合っていて、人々の意識の中にふかく入りこんでいるものです。
男性がスカートを履けば奇異な目で見られるし、変な人と思われるかもしれない。これは「スカートは女性が履くもの」という服装に対するジェンダー規範が根づいているからです。

ハイヒールもそうです。今や男性が履くことは少なくなっています。でも、もともとは男女どちらも履いていた歴史があります。スカートにかんしても、世界を見渡せば同じような衣服を男性が着用している例はおおいです。


つまりなにが言いたいかというと、男女の服装なんて時代や場所が変われば価値観は異なっていくものなのです。だからもっと広い視野をもって、服装の性差にかんして寛容であるべきなのではないか?と思うわけです。

まとめ

ぼくは、ただおしゃれをするために服を着ることをやめました。ファッションによって、世の中にメッセージを発信していきたいと思います。

「男らしさとか女らしさとかいう抑圧をすてて、性別に関係なく、個人の価値観で生き方を選べる世の中」にしたいから。

人の装いは、人がもっとも外側にまとう思考です。ぼくが目指す、性別によって抑圧されない世界を目指して、今日もスカートを履いていきます。



就活を辞めます。


そう決心したのはここ最近のこと。ぼくは大学4年生なので、就職活動まっただ中、のはず。でも辞めました、就活。決して内定をもらったから辞めるわけではありません。来年は就職をしないことにしました。

去年からなんとなくはじめた就活ですが、今年に入ってからだんだんと疑問をもちはじめてしまい、ついに5月になって辞めました。


就活をしないということはつまり、大学を卒業してから会社で働かないということ。世間からみたら無職やニート、プー太郎といったカテゴリーに分類されるわけです。まさに"世間体が悪い人間"になるわけです。

来年また就活をするのか、もう一生しないのかは分かりません。ひとつ言えるのは、まったく後悔はないということ。そもそも会社に入りたくないから笑。

どう稼ぐかを模索中

就職をしないといっても、なんらかのかたちで生計を立てていかなければなりません。一人暮らしをはじめたいし、貯金もしたい。もちろん遊びも。ただバイトとかはしたくない。そもそも誰かと働くことがあまり好きではないから。。

では就職やバイト以外でどう稼いでいくか。最近はひたすらに模索している最中です。ブログ、転売、投資、起業、、手段はいろいろ考えていますし、実際にはじめているものもあります。
いろいろ手を出して、その中で手ごたえのあるものを深めていければと思っています!


人生の目的はお金ではないので、やりたくないことをしてまでお金をもらうつもりはありません。時間にしばられず、好きなことが収入につながるようなことをしていきます。

本当の安定

ぼくは会社で月収30万をもらよりも、個人で10万円を稼ぐことのほうが価値があると思っています。なぜなら、会社に依存してお金をもらうことにはリスクが伴いますし、”雇われている”状態だと自由がききません。

本当の意味での安定とは、大企業に勤めることや公務員になることではないと思います。ぼくが考える安定とは、「個人で稼ぐ」というマインドや、時給から脱した稼ぎかたを身につけることだと思います。


最近はいろんな企業が副業を推進しているように、個人で稼ぐちからが求められています。それは見かたを変えれば、会社や国が生活を保証してくれる時代ではなくなるということです。

だからぼくは就職をせずに、自分で稼ぐちからをつけることから始めたいと思います。そのあと会社に就職するかもしれません。会社がむしろ副業になるようなイメージで。

不安はある

学生中に就活をしないことを決心したわけですが、正直、不安も大きいです。新卒以外では会社に入りにくいのが日本ですし、個人で稼いでいけるのか分からないですし。

でも、毎朝出社してストレスをかかえながら生活するくらいなら、お金がなくても一人でゆうゆうと生きていく道を選びます。それがぼくの幸せの基準です。

↑このページのトップヘ