まいんどちゃねる

就職に悩み、個で生きる方法を模索しブログに出会う。 最近は昆虫食、メンズスカートにはまってます。

今週のコーデ

今週のコーデ!いえい!

暑くなってきました。外出したくないです。だからコーデも少ないんです。

5/16(水)

FullSizeRender
【トップス】NIKEのTシャツ
【ズボン】LEEのハーフパンツ
【シューズ】TOP-SIDERのスニーカー


ナイキポーズの一枚。少年感がすごい。


最近すごく思うのは、「おしゃれは足元から」ってのは本当にその通りだなということ。

靴や靴下がキマッている人はおしゃれだな~と思います。ぼくは今まで足元を意識したことがあまりなかったので、恥ずかしい限りです。

だからちゃんとした靴下を買おうと決意しました。とりあえずUNIQLOでいいっしょとか思っていたんで!!

総評

総評というほどコーデがありません笑。

もっと外にでようと、そう、思いました。誰か遊んでください。。

chanel

あなたはココシャネルという人物を知っていますか? あの超有名ブランド『CHANEL』の創業者であり、一代で有名ブランドにした凄腕実業家です。

この天才ココシャネルですが、その生き方やブランドにこめた思いにめちゃめちゃ共感してしまったので、共有させていただきたいと思います。

最近はもっぱらシャネルに関する情報をあさっております。シャネルの商品はひとつも持っていないのですが笑。

ココシャネルの提案

ココシャネルは、20世紀の女性ファッションにおおきな変革をもたらしました。それはひとことで言うならば、「女性の抑圧からの解放」です。

その変革を3つあげると、
①ドレスの簡素化
②コルセットの排除
③宝石を抹殺
となります。

ドレスの簡素化

シャネルができる前の女性のファッションとは、きらびやかで、カラフルで、ボリューミーなドレスなどが主流でした。しかしシャネルは、この女性のファッションにNOをつきつけます。こんな動きにくい服を女性に強要するな、と。

そこでシャネルが提案したのが、黒を基調としスッキリしたシンプルなドレスです。しかもその素材は、それまで女性の服には使われることのなかったジャージを採用しました。
まさに、従来の女性らしさという価値観を変革させたわけです。

コルセットの排除

19世紀までの女性ファッションには、当たり前のようにコルセットが使われていました。胸やウエストをしめつけ、女性の健康を損なわせることも多々あったといいます。

ココシャネルがつくった洋服では、この悪しきコルセットを排除します。ここでも女性の解放というコンセプトを感じることができます。

宝石を抹殺

またシャネルは、アクセサリーに使われる高価な宝石を否定し、抹殺しようとします。金にものをいわせたようなファッションを片っ端から拒絶したのです。

その代わりに、宝石を使わないアクセサリーを提案します。このようにあえてニセモノのアクセサリーをはやらせることで、金持ちのファッションへのアンチテーゼとします。

他にも新しいファッションを提案

女性の従来のファッションを疑問視するような提案をしてきたシャネルですが、他にも、現代では当たり前の商品を生み出しています。

たとえばショルダーバッグ。これは両手を自由にするために生み出されたものです。これもやはり、「解放」という意味合いが強いですね。シャネルの一貫した思いが伝わってきます。

そしてリップスティック。これもココシャネルが考えだしたものなのです。外出先でも口紅をぬっておしゃれができるようにというシャネルの思いです。


このように、常にシャネルは「女性の解放」のためにファッションに従事していたといえます。すてきですね。

ファッションと解放

ぼくも、ファッションで抑圧される人を解放したいという願望があります。

シャネルが女性のファッションを解放させたように、ぼくは男性のファッションを解放したいです。
男性だからという理由で着られない服があったり、我慢しなければいけないことがないように。


シャネルがつくりだした服は、当時からすると常識はずれのものばかりです。でも今や当たり前のように使われています。
ココシャネルのような先見の明、センス、一貫した意志のつよさ、本当に見習うべきものが多いです。

シャネルに関してはたくさんの書籍がでているので、ぜひチェックしてみてください!

山口 路子 大和書房 2017-10-12
売り上げランキング : 4787
by ヨメレバ
高野 てるみ PHP研究所 2012-02-03
売り上げランキング : 114912
by ヨメレバ

歯列矯正4

ぼくは2015年の春に歯列矯正を始めて、本日、ついに第一段階がおわり器具をはずすことになりました!!

第一段階とはぼくが勝手に命名しているだけなのですが(笑)、いちばんつけている期間が長い矯正器具になります。

歯列矯正2

これです。歯列矯正と聞いて最初にイメージするやつではないでしょうか?
これを3年間つけていました!

3年間、ひと時も外さずにいて、もうそのストレスったら半端じゃないんです。それがやっと今日おわりまして、解放感がすごい!!!やっほーーう!!

歯列矯正ってほんとうに不便なことしかなくて、特に、食事のときのストレスがいちばんすごかったです、、。
【関連記事】【歯列矯正を検討している人へ】費用は?期間は?痛いの?不便?


そんな歯列矯正の第一段階がおわり、第二段階にはいりました。第二段階は自分で取り外しできる簡素なワイヤーをつけるだけで、これまでのゴツいワイヤーに比べたらだいぶ楽になりました。

歯列強制3

こんなやつです。全然ゴツくない!しかも食事と歯磨きのときは外していいので、かなりストレスは低いといえます。つけるの上の歯だけですし。

これからは、これを2年間装着します。



5年間の歯列矯正

第一段階3年間、第二段階2年間、合計で5年間かかることになります。歯列矯正。

大金かかるし、時間もかかる。ストレスも非常に大きい。マイナスなことばかりの歯列矯正かもしれませんが、ほんとうにやって損はないと思っています。

歯並びが整ってる自分は自分じゃないような気がします。歯並びってそれくらい人の見た目を変えるし、自分のことをもっと好きになりました。


人と話すのが楽しくなりますし、笑顔も多くなります。ほんとに、QOL(クオリティオブライフ)が上がりに上がっています。生きているだけで楽しくなります。今後の人生が楽しみです!!

↑このページのトップヘ