まいんどちゃねる

就職に悩み、個で生きる方法を模索しブログに出会う。 最近は昆虫食、メンズスカートにはまってます。

面接

先日、とある企業の面接を受けてきました。一応就活生なので笑。

そこでぼくは、昆虫食に関することを中心に自己PRをしました。サークルを立ち上げたこととか、学園祭に出店したこととか。

ぼくの中ではこれまで、「大学生で昆虫食をやっている人は少ないのでどの企業にも興味をもってもらえる」という推測がありました。インパクトも強いですし。


でも実際は、そこまで面接官の反応はよくなかったのです。


その原因は、「自分がなにをしたかという部分ばかり話して、なにを目的としていたか、なにを思って取り組んだかという部分を明確にしなかった」ということであると思いました。

つまり、企業側が聞きたいのは大学生が取り組んだこと自体ではなくて、なにを思って取り組み、どう工夫をし、それがいかに結果につながったのかというところなのです。

学生はなにをしたかを強調しがち

ぼくを含め大学生は、学生時代になにをしたかを考えます。いわゆる『ガクチカ』(学生時代に力を入れたこと)という項目です。

ここで陥りがちなのは、なんのサークルに入っていた、どこでバイトをしていた、役職はこうだった、というように、自分の所属や役割を列挙し、自分の有用性を語ることです。


でも実際は、どういう役割でなにをしていたかなんてたいして意味をもたないと思います。多くの場合、所属するだけなら簡単だし、そこでの役割がどれほどのものかなんて分からないからです。

それよりも大事なのは、自分がそこでどうふるまったか、です。もっと言うと、どういう問題意識で、どういうやり方で、どう結果につながったのか(あるいは失敗した原因はなんだったのか)を企業側は聞きたいのです。

点ではなく線で

まとめます。

学生時代に「なにをしたか」というのは一つの「点」でしかありません。それは正直、誰が語っても同じであり、自分のアピールにはなりません。

だから、なにをしたかだけでなく、自分の思いや目的、工夫を添えることで自分のストーリーにすることができます。それは点ではなく「線」となり、自分だから語れる、語る意味のあることになります。


これは話すときに限らず、取り組んでいる最中にも意識すべきことであります。


なにかをやっているだけで満足せず、なぜ取り組んでいるのか、どう工夫すればうまくいくのか、どういう結果ならいいのか、などを考えながらやるといいです。

そして、自分だけのストーリーをつくって独自性を前面に出していきましょう。

かべ

どうも、みねちゃんです!

今日はぼくの思いのたけをぶつけていきたいと思います。

というのも、「ぼくがスカートを履く理由」についてです。そうなんです、ぼくはいつもスカートを履いているのですよ。

ぼくがスカートを履く理由

なぜぼくはスカートを履くのか。なにがしたいのか。女装がしたいのか。違います。

服装によって男女の壁をなくしたいからです。

思うに、服装って男女の差がもっとも現れるところなんですよ。現れるというのは、見た目にわかる、という意味です。

だからぼくは、男女の間にある暗黙の「男性装」「女性装」という概念をこわし、服装からジェンダーフリーを実現していきたいです。

とはいえファッションは大事

まあこんな大それたことを言っておりますが、これだけの理由でスカートを履くことはできません。無理してまでやりたくはないからです。

だからぼくは、いかにメンズスカートをファッションとして確立できるかが大事だと思っています。かっこよくないものは着たくありませんから!

それは多くの人にとっても同じだと思います。自分に似合わないものや気に入らないものは嫌でしょうし。


あくまでもファッションとしてメンズスカートを広めつつ、男女の壁をなくしていけるようにしていきます。

今週のコーデ
たった2日分だけですが、、。今週のコーデです!

3月は合計で11日ほど、スカートコーデをしていました!これから暖かくなるので、さらにスカートが活躍すること請け合いです。

3月29日

IMG_8425
【帽子】TWITSのハット
【トップス】古着のセーター
【スカート】古着のロングスカート
【シューズ】Timberland
【バッグ】GREGORY


噴水のわきに座って一枚。

めちゃめちゃ暖かくなってきたので、これだけで出歩いています。すっかり春ですわ~。はあ~。

ぼく、えげつないほど汗っかきなので、春や夏があまり好きじゃありません、。早くも秋を待ち望んでおります笑。

3月30日

IMG_8504
【トップス①】古着のベスト
【トップス②】HAREのスタンドカラーシャツ
【ズボン】古着
【シューズ】Timberland
【バッグ】graniph

千鳥ヶ淵の桜のもとで一枚。短パンなんて一人だけでした!!

ここの桜は22時までライトアップされていたのですが、21時半に行ったのですぐに真っ暗になってしまいました。むしろオツでした。

総評

もうアウターはいらんですね~。一枚羽織る今くらいの時期がちょうどいいですよねえ。夏くるなあ~。

いよいよ新年度になりました。4月からもバシバシ更新していく予定ですので、どうぞよろしくお願いいたしますう~。

↑このページのトップヘ