まいんどちゃねる

就職に悩み、個で生きる方法を模索しブログに出会う。 最近は昆虫食、メンズスカートにはまってます。

無題

こんにちは、みねちゃんです。

僕はアイドルがとても好きで、ライブにもよく行きます。そして、周りの人やSNSでもよくその話をします。

すると、たまにこういうことを言う人がいるんですよね、
「恥ずかしげもなくアイドルが好きなんてよく言えるね」と。

いやいやいや、なに言ってんの?

自分が好きなものを発信するのになんで躊躇するの?
なにも恥ずかしいことだと思ってませんし。

むしろそれを発信することで、同じ嗜好を持った人と仲良くなれたり、新しく知り合えたりするのでメリットは大きいと思います。

なにより楽です!いろいろと隠す必要がなくなったので。


幻滅する後輩

しかし以前、「先輩がアイドル好きと知って幻滅しました」と言ってくる後輩がいました。


、、うーん、それはもうしょうがないですね笑。
そういう考えの人と自分は合わないと割り切るしかないです。

そもそも、人の『好きなもの』という趣味嗜好だけを見てその人の評価を下げるのはどうかと思います!君の好きなものに対してそんなこと言われたら嫌でしょ!笑

昆虫食にも

これは余談ですが、僕が最近取り組んでいる昆虫食に対しても批判的なことを言ってくる人がいます。

いや、昆虫食に対しての批判ならいいんですよ?
それは人それぞれの考えや価値観がありますから。

でも、僕が昆虫食をやっていること自体を批判してくる人がいるんですよね。


からかうようなことを言ってくる人も多いですが、いずれ昆虫食は日本でも一般的になる日がきますので、そのときに見返してやれればいいんです。ええ。

だからそれまではもう気にしません!全て無視!

そんなことに構う暇があったら自分の道を突き進みましょう~。


他人に構う暇な人たち

そもそも、そういう人たちって、なんで他人に構っている暇があるのかとても不思議なんですよね。


おそらくよっぽどの暇人なんだと思いますが、そんなことしてる時間があったら自分の好きなことをしていた方がよっぽど有益だと思いますけどね~。

僕なんかは他人にほとんど興味がないので、自分のやりたいことをひたすらやるのみです。

好きな人とか気になる人には関心がありますが、誰かを批判するのに時間を使いたくはありません。それだったら好きな人に時間を捧げたいですね。

時間は有限、人生は短いんです。少しでも無駄な時間を減らして、自分の人生を生きます。そういう意味で、他人に構う時間は無駄なのです。

他人は他人、自分は自分の精神で今日も突っ走っていきます。

無題


僕は大学まで自転車で行っております。

だいたい、片道50分かかります笑。

田舎の学生には、1~2時間かけて登校している人もいるらしいんで、それに比べればまだましなのかもしれませんが、。

ちなみに僕は東京に住んでいますが、なんでわざわざ自転車なんかで通っているのか?

それは、いくつかメリットを感じているからです。

そのメリットとは
①定期代がかからない
②かなりの運動になる
③朝の電車に乗らなくて済む 

などなど。

一つずつ見ていきます!

定期代がかからない

これは大きいですね。


定期券を買うと、月に1万円はかかります。
それが抑えられるのはかなりありがたいです。

しかし、自転車で行くとどうしても余計に時間がかかります。ちなみに電車だと約30分で着ますので、20分は片道で余計にかかっていることになります。

その時間的損失を考えると、実際には得どころか
むしろ損をしているかもしれません。


さらに、電車に乗るとき僕は本を読むので
自己投資の時間が失われるということにもなります。

一つ目のメリットだけを考えると、自転車通学は「なし」ですよね。

運動になる

往復で100分も毎日のように自転車をこいでいれば、嫌でも痩せます。


通学時間がそのまま運動時間となりますので、通学時間が自己投資の時間となっているということです。

同じ自己投資なら、電車での読書時間を補えていると思います。

これでいくらか、メリットの部分が大きくなりました。

まあ、朝や夜に運動すればいいと言われればそれまでですが、笑。

朝の電車に乗らなくてすむ

もう、これが本当に嬉しいです。。


僕は朝の電車が大嫌いです。
逆に好きな人はあんまりいないとは思いますが

なんなら、朝に限らず電車というものが嫌です。

よく考えたら、謎の空間じゃないですか?
知らない人たちと一つの箱の中に押し込められて、お互いに無関心を装って押し黙ってなければいけない、あの空間ですよ。

遅延とか、自分ではどうすることもできない部分も多いですし。

ですので、これが僕にとって一番のメリットです。

だから、自転車通学は僕にとってはメリットの方が大きいので「あり」なんです。

まとめ

このように、自転車通学はお金がかからないから得だと思われがちですが、時間などの『形のない資産』に目を向けるとむしろマイナスになるかもしれません。


しかし、僕のようにいくつかのメリットを感じている人はいるはずです。

つまり、お得そうだからとすぐに飛びつくのではなく、様々な要因を考慮して自分の最適な答えを見つける必要があります。

ここで大切なのは、自分の答えというところです。

それぞれが何に価値を見出しているのかは異なるので、自然と答えも違ってきます。

僕の場合、たまたまメリットが大きくなっただけで、電車の方が全然よいという人もたくさんいると思います。

人はしばしば、お金というものさしのみに目をとられて、他の価値が見えていないということがあります。

もう一度言いますが、『形のない資産』にこそ価値があったりするので、そっちに目を向けてみると自分の中で大切にしているものが見えてきたりします。

無題

こんにちは。みねちゃんです。

人ってとかく、周りの人の目を気にしがちですよね。
「自分がこれをしたら嫌われるんじゃないか」とか、「とにかく目立たないように行動しよう」とか。

でもそんなことを思っていては、行動が制限されますし、何かをするときに躊躇してしまいます。

そこで今回は、僕が実践している『周りの目が気にならなくなる方法』を
共有していきたいと思います。

ずばり、それは次の3つに分けられます。

①人間関係を必要最低限にしぼる
②一つでも心のよりどころを見つける
③ 人はそんなに他人を気にしていないと知る


①人間関係を最低限にしぼる

周りの目を気にしてしまう原因の一つとして誰とでも上手くやっていこうとすることが挙げられます。

八方美人でどの人にもいい顔をしていると、ものすごく精神を消耗します。
これは僕も以前そうだったのでよく分かります。

ですので、関わりを持つ人をはなから絞ってしまうのです。

そうすることで、感情を割り切れるので関わりのない人のことはどうでもよくなります。

最初は難しいかもしれませんが、慣れてくるとかなり楽になります。

100%の対応をする人は、数人でいいのです。

②一つでも心のよりどころを見つける

これは①と関連しています。

いくら人間関係を絞るといっても、やはり誰かに嫌われたりするのは辛いもの。

そこで、心のよりどころを一つでも持っていることが大切です。

多く場合、これは家族や友人かもしれません。
アイドルやゲームという人もいるでしょう。

とにかく、損得勘定を無視してつき合えるものを見つけることが肝要です。

これに関して、プロブロガーであるイケダハヤトさんはこんなことを言っています。

妻さえいれば、世界中の人から嫌われても大丈夫


ここまで言い切れるってすごいですよね。。

最終防衛ラインを作っておくことで、何かがきっかけで炎上などしてしまっても心を強く保てるでしょう。

③人はそんなに他人を気にしてないと知る

これは本当に思います。

だってあなたは、他人の失敗や行動をそんなに覚えていますか?

自分のことに精いっぱいで、いちいち気にしていないはずです。
ということは、相手も自分を気にしていないということなのです。

思うに、『周りの目』というのは、自らが作り出した幻想なのかもしれません。

ただ自意識過剰になっているだけなのです。

もう一度言います、誰もあなたのことなんて見ていません。

この意識をもって、好き勝手行動しましょう。

もちろん、羞恥心やモラルは持つべきですが、無駄なプライドや躊躇は捨て去ってしまいましょう!

↑このページのトップヘ