まいんどちゃねる

就職に悩み、個で生きる方法を模索しブログに出会う。 最近は昆虫食、メンズスカートにはまってます。

時給2

どうも。みねちゃんです。

ぼくは最近、メルカリやブログでちょっとしたお金を稼ぐことができています。(本当にちょっとだけ)

ちなみに高校時代は、ポイントアプリ等を使って月に2~3000円のお金を稼いでいました。高校時代はバイトをしていなかったので、けっこうありがたい収入源でした。。


これらはいわゆる不労所得であり、時間給から脱した稼ぎです。

ぼくはこういう稼ぎ方があることを、学生時代、そして就職前に知ることができて本当によかったと思っています。

なぜなら、「嫌なら働かなければいい」というマインドを持つことができたからです。



今までは、バイトや就職をすることが当たり前のように感じていましたが、決してそんなことはないということです。

いわゆる労働をしなくても稼ぐことは可能で、ブログなどはうまくいけば「やればやるほど楽になる」働き方であると言えます。

また、最近は仮想通貨の高騰により『億り人』などと呼ばれる人も出てきております。字のごとく、億単位のお金を手に入れた人のことです。

そう、全く働かずに大金を手に入れている人が大量に発生しているのです。もはや働く意味ってなんなんでしょうか。お金のために働くことがいかにナンセンスかを思い知らされます。

労働以外の稼ぎ方

労働以外のお金の稼ぎ方を知らなければ、無理にでも会社に入って毎日のように必死で働いていたことでしょう。


言わずもがな、組織に属さず一人でお金を稼ぐというのは大変なことです。それだけで食っていける人というのは、それ相応の努力や運を必要とします。


しかし、そういう方法があることを知っているのと知らないのでは大違い。

そっちの道でやっていけるかもしれないという意識があれば、会社へのしがらみというのは少なくなるかと思います。会社などに属しながら、同時並行的に個人で稼ぐ術を身につけることも可能ですし。

大事なのは、ある一つの稼ぎ方、稼ぎ口に依存しないことだと思います。


リスクヘッジのためにも、複数の収入源を持っておくことを意識していきたいものです。

学生であることは得

また、学生であるということも一つの大事な要素になるかと思います。


学生であるというだけで、注目度が上がることがあるからです。

学校という名の看板を借りて活動をすることで、飛躍的に拡散力が上がることもあります。

しかし、組織の知名度や権威に頼ってしまっているので、そればっかりになってはいけませんが、。組織の名前を借りつつも、個人の名前を売っていくことはとても重要です。


まとめると、ぼくはいろんな意味を込めて、学生時代に多様な稼ぎ方、生き方があることを知れて良かったです。主にそれは組織に頼らない稼ぎ方であり、今後はより一層重要になる考え方だと思います!

歌詞

こんにちは。ももクロが好きなみねちゃんです。

突然ですが、ももクロってほんと、良い歌が多いんですよ。あまり知らない人も多いと思いますが、盛り上がる曲だけでなくてバラードやラップもあったりします。

今回は、そんなももクロの曲の中でぼくが好きな歌詞をランキング形式で発表していきたいと思いますー! 

わりとすぐ変わったりするので、あくまでも現時点のランキングです笑。

ももクロで好きな歌詞

第5位:「昨日の失敗は お茶の中に入れて飲んでしまおう」

これは2012年に発表された『空のカーテン』の出だし、高城れにさんのパートです。れにさんの優しい歌声にすごく合っていて、のっけから名曲であることをうかがわせてきます。

この曲の歌詞をつくられたのが、元チャットモンチーでドラムを担当されていた高橋久美子さん。チャットモンチーも好きなぼくとしては最高のコラボ。。


第4位:「嗚呼 女の子にも譲れぬ矜持がある。それは王子様に運命投げず 自ら戦う意志」

この歌詞はももクロの12枚目のシングル、『MOON PRIDE』の1番のパートです。めちゃめちゃかっこいい。。

女の子の強さ、覚悟を表しており、ももクロに最高に合っているんですよ。セーラームーンの主題歌ということで、そちらにもベストマッチ。タイアップとしては大成功だと思いますね。


第3位:「この世の始まりがアダムとイブなら この世の終わりは 私と貴方にしたい」

これは4thアルバム白金の夜明けの収録曲、『イマジネーション』の歌詞です。清竜人さんが作詞と作曲を担当され、竜人ワールド全開です。最高です。

はじめて聴いたときは鳥肌がたちました。。こんなん言われたら誰だって惚れるって!!


清竜人さんはとにかく歌詞に力強さがあって、非常に印象的なんです。同じく清竜人さんがつくったももクロの曲『デモンストレーション』もめっちゃいいんで聴いてみてください。


第2位:「情熱や純愛、pureなsympathyも のほほんと歌ってたら刺さんないよ」

これは、3枚目のシングル『Chai Maxx』の歌詞です。いつでも全力投球ももクロちゃんにぴったりの曲です。
ももクロの曲はどれも、説得力があるんですよね。彼女たちがパフォーマンスや人柄で体現してくれていることがそのまま歌詞になっているイメージ。だから多くの人の心に刺さるんですよ。


第1位:「逆境こそがチャンスだぜ 雨も嵐も さあ来い!さあ来い!」

さあ第一位は、2枚目のシングル『ピンキージョーンズ』の歌詞です!!!


これはサビの歌詞。もう直球ど真ん中って感じで心に突き刺さります。まじでいい曲です。テンションぶち上がりますし。

ももクロは『行くぜっ!怪盗少女』が有名ですが、ぼくは裏のエースがピンキージョーンズだと思っています。


まとめ。ももクロ最高

まあそういうことです。ももクロは一般に知られてない曲が多くて、そこに名曲が多いんです。ぼくはそれを知ってしまってからはまりました。はい。


これからも、ももクロは熱い歌詞とメロディでぼくたちを勇気づけてくれることでしょう。

image1

以前ここでも告知しましたが、12/5に昆虫食のワークショップを開催しました!

タイトルは『昆虫食〇△』。参加者の皆さんに、昆虫食はアリなのか微妙なのかそれとも何なのかを決めてもらい、昆虫食に対する持論を持ってもらおうというイベントでした。



満員御礼

昆虫食というなかなかハードな内容でありますので、最初はお客さんが来てくれるか心配していましたが、おかげさまで満員御礼にて当日を迎えることができました。。


想像以上に盛り上がっていただくことができ、本当にやってよかったなと思っています。
では、その感想を少し。

人間の適応力はすごい

このイベントでは昆虫の下処理、調理、そして試食を全て参加者の皆さんにおこなってもらいました。


女性の方も何名かいらっしゃったのですが、昆虫食初体験の方なんかは、会が始まる前から「帰りたい」と後悔されていました。笑

しかし実際に昆虫を調理していく中、ものの数十分で昆虫に慣れていきました!
本当に人間の適応力というか慣れとはすごいものだと感心。。

あとやはり、自ら調理するという体験はすごく大事だと思っていて、ただ昆虫食が提供されるよりもはるかに食べやすかったのだと思います。

皆でわいわい楽しむことが大事

昆虫食という、扱うテーマがもうハードでありますので、イベントをいかに楽しめるかが大事だと思いました。


昆虫食のイメージはまだまだよくないという人も多いと思います。
それゆえに、昆虫食に触れる体験を少しでも楽しいものにできれば、イメージを覆せる可能性も多分にあると思います。

モノ消費からコト消費というように、食べるまでの調理過程もコンテンツとして提供していきたいと思います。

昆虫食に対する感想はまちまちでいい

昨今の昆虫食に対するアプローチって、「昆虫食を始めよう!」とか「未来に備えて昆虫食に慣れておこう」みたいなものが多いと思います。


もちろん僕も、啓蒙活動や普及には携わりたいとは思っていますが、それはあくまでも「考えるきっかけを与える」くらいのノリでいいのかなと思っています。

やれ食糧難対策だの飼育効率だの言っても、一般の消費者には伝わりづらいし、胡散臭いと思ってしまいます。

ですので僕のスタンスとしては、「昆虫食っていう選択肢もあるんじゃない?」くらいの軽さで、新たな価値観の提案をしていきたいと思います。
その上で昆虫食がNGなら、それは立派な意見だと思います。


あまり重く考えずに、押しつけがましくない昆虫食の在り方を追求していきたいと思いますね。

今回のワークショップは、その第一歩になったのかなと思っています。

↑このページのトップヘ