まいんどちゃねる

就職に悩み、個で生きる方法を模索しブログに出会う。 最近は昆虫食、メンズスカートにはまってます。

献血

献血にいったら貧血になって意識を失ってしまいました。 


びっくりしました。今まで何回か献血したことあるんですが、貧血どころか体調が悪くなったこともないのですから。むしろ、もっと採ってくれ!おれの血、もっと採ってくれ!とか思っていたくらいですから。
それが急に貧血って、。

そんなに長い時間意識を失っていたわけではないのですが、ふと気がついたら看護師さんがぼくの名前を連呼しているではないですか。

一瞬、自分が今までなにをしていて今どこにいるのか分からなくなりました。よくドラマとかでみる、起きたら病院の天井、え?みたいな。


いや~、ぼく、タフさが売りだったんですが、血をぬかれたくらいで意識を失ってしまうとは。皮肉にも、こんなかたちで血の大切さを教えられましたw

では、これから献血をする方が同じような状況にならないため、また自分への戒めのためにも、原因をいくつか考えていきたいと思います。

貧血の原因を考えてみる

ぼくはこれまでの人生、貧血なんておこしたことはありません。以前献血をしたときも、全然なんともなかったです。
ではなぜ今回に限って貧血をおこしてしまったのか、、?自分なりに考察してみました。

寝不足?

いちばん考えられる理由は、寝不足です。

なぜなら、献血をする前日はしっかり7時間の睡眠をとったのですが、そのさらに前日、バイトで夜勤をやっていたからです。1~2時間は仮眠をとれるのですが、ほとんど休まらない。

おそらくその疲れ、睡眠不足を引きずってしまったのかな~ということです。

栄養不足?

献血にいったことある人はわかると思いますが、事前アンケートでその日の食事について聞かれます。献血前になにも食べてない、とかだと、採血してもらえないと思います。

ぼくが献血をしたのは16時くらいなのですが、その日は朝食とったし、昼食は直前におにぎり一つ食べました。

量はさておき、朝も昼も食事はとっているので、栄養不足はないと思うのですが、、。

脱水症状?

これも献血いくとわかりますが、採血前はよく水分補給するように促されます。血をぬかれると脱水症状になってしまうことがあるからです。

多くの献血所には無料でつかえる自動販売機があり、カップのドリンクを飲むことができます。ぼくは採血前、ココアとカルピス、2杯カップ分のドリンクを飲みました。

うーん、水分も十分とったように思えますね。脱水症状説もたぶんない。


栄養不足、脱水症状どちらもない。ということはやはり、睡眠不足説が濃厚になってきました。。

献血は万全な体調で、予定をたてて

実はぼくはこの日、献血する気はまったくなかったのです。
たまたま時間ができたので、暇つぶしがてら献血をしようと思い立ったわけです。

ノープランの献血がよくなかった!

まあ、ぼくみたいに空き時間でやる人は多いと思いますが、なるべくなら予定をたてて、万全な体調でのぞむのがいいと思います!!


貧血、想像以上にこわいです。少し気分がわるくなったと思ったら一瞬で視界が真っ暗になって、対処のしようがなかったです。

献血して、自分もいい気分で帰る。これが理想ですね。体調をととのえて、よい献血ライフを。。!

倍速

Amazonプライム、めっちゃ便利ですよね。(唐突)(異論は認めない)


その中でもぼくはプライムビデオが大好きで、毎日のように映画をみています。
【関連記事】【Amazon Primeの映画見放題が最強】最近みた映画の感想をつづっていきます!


で、そんななかで思ったことがあります。
映画って長くね?早送りしたくね?


んでいろいろ調べた結果、パソコンでAmazonプライムビデオをみるときに限り、倍速再生する方法を知ったので共有したいと思います!!やったね!

やり方としては、
・Google Chromeをインストールする
・Flashをブロックする
・Video Speed Controllerを追加する


なんのこっちゃですよねw。
でもめちゃめちゃ簡単なので、さくっと説明していきます!

GoogleChromeをインストール

まずはこちらからGoogleChromeをインストールしてみてください。

GoogleChromeというのは、Googleが提供するウェブブラウザです。ブラウザとは、有名なやつだとSafariとかですね。ウェブのプラットフォーム的な。

このGoogleChromeの設定をいじることで、再生速度を変更することができるようになります。


では次に設定のいじり方をご説明します!

Flashをブロックする

Flash?ブロック?わけがわからないですよねw

でも安心してください。超簡単なんで!1分で終わります。


まず前提として、GoogleChromeをインストールし、ログインしていることが必須です。


①GoogleChromeにログインしたら、右上の設定を押してください。
FullSizeRender

②「設定」という項目がでてくるので、押します!
FullSizeRender

③下の方にでてくる「詳細設定」を押します!
FullSizeRender

④「コンテンツの設定」を押します!
FullSizeRender

⑤「Flash」を押します!
FullSizeRender

⑥「ブロック」の項目の「追加」を押して、Amazonのウェブサイトを追加します。
www.amazon.co.jp 入力すれば大丈夫です!
FullSizeRender

はい、以上が、Flashをブロックする手順でした!

Video Speed Controllerをインストールする

次にVideo Speed Controllerをインストールします

これはGoogleChromeの中の拡張機能のひとつで、その名のとおり、GoogleChrome上で再生する映像の速度を変えられるようになる、機能です。


これですべての設定は終わりです!簡単でしょう?

映像の速度を変えてみよう

ではさっそく、Amazonプライムビデオの再生速度を変えてみましょう。

ひとつ注意してほしいのは、ブラウザは先ほどインストールしたGoogleChromeを使用してください。あと、速度を変えられるのはパソコンで再生したときのみです。

FullSizeRender

Amazonで映像をみてみると、左上のほうに数字がでてきます。最初は「1.00」と表示されています。つまり、1倍、そのままの速度です。

速度の変え方としては、キーボードの「S」を押すと遅くなり、「D」を押すと早くなるんです。

FullSizeRender
FullSizeRender

こんな感じで、0.1ずつ細かく変えることができるので、自分の好みの速さを選ぶことができます。便利ですね~。
ちなみにぼくは、「1.3~1.5」くらいが快適です笑。

最強の時短術

ぼくはAmazonプライムのヘビーユーザーなので、一日で2~3本映画をみることもざらです。

そこでずっと思っていたのが、再生速度を速くして、すこしでも多くの作品をみたいということです。

人によっては、「映画を倍速でみるなんてありえない」みたいに思うこともあるかもしれません。でも、本の速読があるように、映画の速見があってもいいと思うのです。

短い人生のなかで、みられる映画の数なんて限られています。だからぼくは、少しでも多くの映画をみるために倍速再生をつらぬきます。笑


これからも映画をみまくるぞ~!あなたもプライムビデオですてきな映画ライフをおくりません?



グラデーション




性別は多様だ

最近のぼくのテーマのひとつである、「性別の多様性」について考えてみました。

性別というと「男」と「女」の2つしかないというのが「常識」だと思います。それはセクシャリティ的な意味でも、ジェンダー的な意味でも。


でもぼくは、そうは思いません。性別はそんな極端に、はっきり分けられるものではないと思います。性的指向や性自認、それらは複雑に入り乱れていて、人それぞれバラバラですから。

ゆえに「身体が男/女だから」という理由で性別は決められるものではない。男か女かなんて便宜的な分け方なのであって、性はもっと多様で、無限にあるといえるのではないでしょうか?

自分が男/女であるということを無自覚に、当然のように思っている人は多いでしょう。なぜ自分が男/女なのか、なにをもって男/女なのか、考えたことはあまりないと思います。


こうして改めて見直してみると、どんどん不思議な気持ちになってきます。性ってなんなのか。人間ってなんなのか。当たり前すぎて考えたこともないからです。

ぜひ、いろんな人の意見が聞いてみたいです。自分とは違う考えにふれて、いろんな「性」のあり方を知りたいです。

↑このページのトップヘ